昭和の名女優【有馬稲子】の波乱万丈すぎる人生【現在は?】

昭和の名女優・有馬稲子さん、美しさゆえの山あり谷あり波瀾万丈な人生を追いました。

有馬稲子さん

有馬稲子(ありま いねこ)

本名:中西 盛子(なかにし みつこ)
1932年4月3日生まれ。


代表作は『彼岸花』『人間の条件 第一・二部』『武士道残酷物語』など。

映画『東京暮色』(1957年)に出演した有馬稲子

小津安二郎最後の白黒映画

本当に整ったお顔立ちで、清廉さがありますよね!

有馬稲子の生い立ち

本当に波瀾万丈でまるで物語のような人生をたどっている方です。

昭和七年・1932年の今日、大阪府豊能郡池田町で中西盛子が生まれました。
コミュニストだった父は大阪を転々としており、四歳の時、韓国にいた母の姉(伯母)の養女となります。
伯母は日本舞踊の師匠をしていましたので、お稽古を毎日のように見させられました。
韓国・釜山女学校へ入学した年に、日本は敗戦を迎え、漁船で密航して命からがら大阪に帰り、叔父夫婦と教えられていた実の両親の家に住みます。

出典:有馬稲子

韓国から命がけの引き上げを経験しました。

芸能の世界へ

その後厳しい倍率をくぐりぬけ宝塚歌劇団へ。

宝塚の人気演目「虞美人」に出演した有馬稲子

八千草薫などと共に舞台にたち、大人気を博しました。こちらは2010年に花組でリバイバルされた「虞美人」。

宝塚歌劇団を退団後は映画女優として活躍。

往年の映画女優として知られる有馬稲子

仲代達也や高倉健、三國連太郎や岸惠子などそうそうたる俳優陣と共演を重ねました

有馬稲子の美貌は時代を魅了した

しかし、有馬稲子はその華やかな見た目からは想像もできないほどの苦難に満ちた人生を歩んでいたようです。

実際、宝塚に入って美貌を讃えられ、東宝に入って華々しく宣伝され、そのキャリアは順風満帆であるかのように見えた。が、その陰に実父の暴力、家の借金(中略)などがあったというから驚かされる。

出典:谷崎潤一郎と川端康成を魅了した哀愁の美貌 〜有馬稲子について〜 - 花の絵

華々しい芸能界での活躍の裏に数々の苦しみが。。

結婚生活にも恵まれず

実は萬屋錦之介は有馬稲子の2度目の夫だが夫婦生活は破綻。美しさゆえの苦しみだろうか

有馬稲子の現在は?

横浜にある高齢者専用高級マンションにお住まいの有馬稲子

楽しい老後生活を送っているそうです

現在も事務所に所属していらっしゃいますが、芸能活動はあまり盛んではないようですね。
穏やかな老後を過ごされているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング