【病気を克服】医事漫談が有名なケーシー高峰って?【医者なの?漫談家なの?】

白衣を着て黒板やホワイトボードを使って漫談を行う医事漫談の創始者であるケーシー高峰さんについてまとめました!

ケーシー高峰

コメディアン ケーシー高峰

ケーシー高峰(ケーシー たかみね)
生年月日 1934年2月25日~
出身地 山形県最上郡最上町
本名 門脇 貞男(かどわき さだお)

医事漫談で人気を博す

それまでにない新しい漫談 医事漫談の創始者 ケーシー高峰

白衣を着て、黒板やホワイトボードを利用して行う漫談は広く大衆に受け入れられました。

4:04 ケーシー高峰 コント 「わかめの話」

ケーシー高峰 コント 「わかめの話」

『北野演芸館』でのネタです。
北野たけしさんもケーシー高峰さんのネタはお気に入りだそうです。

医師免許持っているの?

白衣を着て、ぱっと見医者っぽいケーシー高峰

実際に医師免許は持っているのでしょうか?

先祖代々医者の家系に育つ。母は近年まで現役の産婦人科医で、兄弟を始め一族もほとんどが医師である(ただし、父は海外を飛び回る商社マンだった)。
山形県立新庄北高等学校卒業後、家業を継ぐべく日本大学医学部に進学させられた

出典:ケーシー高峰 - Wikipedia

医者の家系で、日本大学医学部に進学しました!ということで医師免許は持っているのでしょう!
と、思いきや・・・

が、教授と相容れなかった(本人曰く、風貌を理由にいじめを受けた)ことと、モダン・ジャズに耽溺して学業が疎かになったことから、藝術学部に転部。同級生には宍戸錠らが居る。

出典:ケーシー高峰 - Wikipedia

途中で芸術学部に転部したみたいです。なので、医師免許は結局持ってないようです!
ただ、医学部に在籍しただけあって、医療の知識は豊富だそうです。

2005年、舌ガンを患うも快復

講演を行うケーシー高峰

「私のがんは…子宮がんです」「病床でも、いつ女を抱けるかなと考えていた」「顔は悪性です」 などとギャグを飛ばし、ゲストのおぼん・こぼんから「師匠は、喋らなくても笑いが取れる」と感服された。

出典:ケーシー高峰 - Wikipedia

病気の中、予定された独演会を敢行し、筆談と身振り手振りだけで観客の魅了しました。

東京でもなく、地元でもない福島県いわき市に在住!?

福島県いわき市に長年住んでいるケーシー高峰

2011年の東日本大震災でも多くの避難者がでた都市でもあります。
下は震災の2ヶ月後のインタビューです。

皆さんの顔からは笑顔が消え、沈んでいた。不謹慎かと思いましたが、マイタケご飯と豚汁を配りながらちょっとしたジョークを飛ばすと顔がほころびました。それを見て、こんな時だからこそ笑いも大事だと思い直したんです。だって、皆さん十分頑張ってるんだもん。2度目はストーブを囲みながら、ちょっとエッ○な医事漫談をやりました。「また馬鹿なこと言って」と言われたけれど、津波で家族を亡くされたとか、かえって大変な境遇の方から「ありがとう」という言葉を頂きました。

出典:〈生きていくあなたへ〉こんな時こそ笑いも コメディアン・ケーシー高峰さん

彼のいわき市への愛が伝わってくるインタビューですね。
震災が起こったからといって離れるわけでもなく、人々と交流しているケーシー高峰さんはほんとにすごいですね!

インタビューに答えるケーシー高峰

-避難は考えていないのか。

 23年住んだいわきの人のために何かやってやろうという気持ちの方が強い。避難所に顔を見せただけで「わー、ケーシーが来た」って被災者が喜んでくれる。ストレスをため込むのが一番よくない。話を聞いたり冗談を言って笑わせたりすると、涙ながらに語って、最後は「よく来てくれた」って言ってくれる。ありがたいですよ。もういわきを離れません。

出典:東日本大震災-ケーシー高峰さん、笑いや炊き出しで恩返し...

人と人とのつながりを大事にするケーシー高峰さんの一面が垣間見えますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング