【プロ野球選手になりたい!!】桑田真澄の息子はどうなったのか。

常に親と比較されると分かっていながらプロ志望をした桑田真澄の息子・桑田真樹さん。入団先はどこになったのでしょう?

桑田真澄

桑田真澄さんのプロフィール

出典:blog.jcan.jp

桑田真澄さんのプロフィール

出身地 大阪府八尾市
生年月日 1968年4月1日(46歳)
身長
体重 174 cm
80 kg

桑田真澄さんの選手現役時代

2008年3月26日 引退。

PL学園時代は、5大会連続甲子園出場。
優勝2回、準優勝2回、ベスト4が1回。甲子園通算20勝。
1986年 東京読売巨人軍入団
2007年 ピッツバーグ・パイレーツ入団
通算173勝。最優秀選手、沢村賞などのタイトルを獲得。
2010年 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了
現在は、講演活動や野球教室で全国に足を運びながら、
日本全国のアマチュア野球の現状を分析、野球界への恩返しを目的とし、
NPO法人アミーチ・デル・クオーレを通じ指導者講習会を行なう等、
精力的に活動している。

出典:PROFILE | 桑田真澄公式サイト

プロになりたい!! 桑田真澄の息子の野球の腕前は?

桑田真澄の息子 桑田真樹さんのプロフィール

出典:nasca.wpblog.jp

桑田真澄の息子 桑田真樹さんのプロフィール

1992年8月10日生まれ。
身長・体重 178センチ 79キロ。
右投左打。
家族 両親と弟。

桑田真澄さの息子 桑田真樹さん

出典:blog.canpan.info

桑田真澄さの息子 桑田真樹さん

プロ野球選手希望!

残念ながらあまり目立った実績は無い様子。

「桑田真樹は4年春にレギュラーをつかみました。一般論として、大学野球部の4年生は就職活動に重きを置くため、幽霊部員になります。プロ入りの可能性がある選手、野球で企業就職できそうな一部だけが活動を続けるのであって、大半は思い出づくりとして、たまに試合に出る程度です。プロ志望届を出すのは自由ですが、それによって就職は難しくなります。なぜなら、片手間で就職活動しても、企業の面接官は本気で仕事をする気がないと受け取るからです」
 まさに、退路を断っての挑戦である。

出典:ドラフト会議、巨人・原監督を悩ませる、かつての盟友・桑田&川相の“息子指...

本人の意思はとても強かったようです。

桑田真澄さんの息子 桑田真樹さんのフォームは。。。?

あまり期待出来ない構え方?だと世間では言われているようですが...

桑田真澄さんと息子の桑田真樹さん

出典:spospoinfo.com

桑田真澄さんと息子の桑田真樹さん

「打撃センスは父を越えている」とお父さんご本人は評価しているのだとか。

「プロは非常に厳しい世界と伝えた上で、それでも『挑戦したい』ということだった」

父・真澄氏は語る。
父から十分にプロの厳しさ、恐ろしさというものを教えられていて、なおプロを目指そうというだ。


「広角に打てるし、足も速い。まだ経験は浅いけど、これからの成長は楽しみ」



同じ業界で親子だと見る目が厳しくもなろう。
「桑田の息子」というレッテルとの戦いもあるだろう。
球界の求道者の血がさらに厳しい場所に身を置くことを求めているようにも見える。

出典:「プロ野球選手にオレはなる!!」桑田真樹ってあの桑田投手の息子さん!? | べりろま速報

独立リーグから指名され入団!!

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグのドラフト会議が28日、新潟・長岡で行われた。

 元巨人の桑田真澄氏の長男で首都大学リーグ、桜美林大の桑田真樹外野手(4年=桜美林)は、新潟が2位指名した。

 真樹外野手は桜美林高出身で180センチ、78キロ、右投げ左打ち。広角に打ち分ける中距離ヒッター。プロ志望届を提出し10月23日に行われたNPBドラフトでの指名を待ったが、指名されず。今月中旬に行われたBCリーグの合同トライアウト(入団テスト)を受験していた。

出典:桑田Jrが独立L新潟からドラフト2位指名

桑田真澄さの息子 桑田真樹外野手の入団会見。

「指名してもらったからには、ベストを尽くし、活躍したい」と意気込んでいる様子。

これから一歩一歩お父さんに近づくように活躍してくれることを楽しみにしています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング