燃える男!長嶋茂雄の名言&伝説まとめ!こんなにすごかった!

現役時代から今の監督時代!燃える男の長嶋茂雄の伝説は多数ある!その伝説と名言を集めてみました!

長嶋茂雄の伝説は沢山!

満面の笑みの長嶋茂雄

出典:www.secom.co.jp

満面の笑みの長嶋茂雄

こんな素敵な笑顔も人気の秘密!?

・ミスターが高校3年生の時。佐倉一高入学時には160センチしかなかった身長が、3年生になるまでにとどんどん背が伸びて180センチ近くまでになった。ある日ミスターは保健室を訪ね、不安げな表情で「まさか、俺、背の伸びる病気じゃ…」と相談。それを聞いた保健の先生は、真面目に悩んでいるミスターに「おめえ、百万人に一人の馬鹿だっぺ」と呆れ果てた。

出典:恐怖の長嶋茂雄伝説

こんな天然さんだというのはあまり知られていないですよね。

微笑む長嶋茂雄

そのような人には見えないのですが、すごいですよね。

・ソウルオリンピックでリポーターを務めていたミスター。100メートル背泳ぎ決勝で1着になった鈴木大地が、薬物検査のため控え室に戻る時、ミスターが「大地!おめでとう!」と言って抱き着こうとした。薬物検査の前に他人が体に触れると失格になる事を知らなかったミスターは、大慌ての係員に必死で制止された。その時長嶋は「君たち何をするんだ!大地とは友達なんだ!」と叫んだ。

出典:恐怖の長嶋茂雄伝説

このような事もあったのですね。

日常でもすごい伝説が!?

•「THE」をてへと読む
•大学生時代、「ONE」を”オネ”と読む
•少年野球教室にて、「球がこうスッと来るだろ」「そこをグゥーッと構えて腰をガッとする」
「あとはバァッといってガーンと打つんだ」
•「うーん」「ええ」「いわゆる」「ひとつの」「ややもすると」
•「ゴルフ場はこの道の右側にあるんだ」しかし見つからず、途中で「左側だった」と思いだし道をUターン
しかし左側を探し続けたためゴルフ場にはたどり着けず

出典:長嶋茂雄伝説

今までの人生でここまで伝説を残せるのもすごい?ですよね!

監督時代の長嶋茂雄

いい笑顔ですよね。なんだか安心します。

長嶋茂雄の名言!?

「打つとみせかけてヒッティングだ」
「バースデイアーチ、打った事無いんですよ~」(誕生日:2月20日)
「ジャイアンツの4番はバットを短く持ってはいけない、
 だから投球後に短く握り直すんですヨ」
「今年の投手陣は三本柱、斎藤、桑田、そして・・・クワダです。」(注:槙原でしょう)
「今年の清原君はシャープが鋭くなって」
「代打、後藤」(後藤は代走で出場済)
「ピッチャー大野」(大野は投手コーチ)

出典:長嶋伝説語録

なんだか色々とぐちゃぐちゃですね。

素敵な笑顔の長嶋茂雄

こちらはポスターの長嶋茂雄ですね。

「打ったのはズライダー」(曲がらないスラをズラと言う・・らしい)
「開幕10試合を7勝4敗でいきたい」
「う~ん、バットマンはね、10の3で3割3分3厘でしょ」
「今年の屋敷くんはヒゲの色ツヤがいい」
「おい、柳田!」(いいえ清水です)

出典:長嶋伝説語録

こんな名言?迷言?もあるそうですよ。びっくりですね。

ファンに挨拶をする長嶋茂雄

出典:kazesoku.com

ファンに挨拶をする長嶋茂雄

これぞ長嶋語録と言った感じがしますね。

スズメ軍団    =ヤクルトスワローズ
「オールスターと言えば、夢のドリーム」
「I live in edo」(私は東京に住んでいる、の過去形は?)
「HOW OLD おいくつ?」(イアンソープに対する質問)
「ワーストはネクストのマザーということで」
「松阪くんが風邪?・・インフレ?・・インフレ?」(インフルエンザらしい)

出典:長嶋伝説語録

なんとも言えない言葉ばかりですよね。天然と言っても良いのでしょうか!癒されます。

渋い顔の長嶋茂雄

これまでも沢山の名言と行動を起こしてきました。今後もどんどんとその伝説を増やしていって欲しいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング