フォークソングの伝説グループかぐや姫!伝説と言えばコレ!

フォークソングの伝説グループと言われているかぐや姫!そんなグループの伝説を探してみました!

かぐや姫ってどんなグループ?

若い頃のかぐや姫

フォークソング界では伝説のグループとして人気でしたね。

「普通の私生活」  から切り出した割にはヘビーな「赤ちょうちん」や「神田川」は、今でも結構、好んで聴くには厳しい  ですが、「ギター2本のデュオコーラス+ウッドベース」という観点で聴けば、やはり、唯一無二の  素晴らしいライブバンドだったと言えます。

出典:かぐや姫

このようなライブバンドだったのです!これだけでも十分伝説ですね。

大盛り上がりの伝説!嬬恋ライブ!

解散して間もないかぐや姫だったが、1975年9月ファーストアルバムの頃から何かと付き合いのある吉田拓郎の誘いを受け、フォーク界2大スーパースターの競演となる嬬恋のライブを行うこととなった。 なんと当時としては空前の6万人の観客を集めることとなり、ファンは2大スーパースターを見ようと全国から押しかけた。 かぐや姫としてのステージだけでなく、それぞれの活動も見られる!と大変な盛り上がりを見せた。

出典:かぐや姫

解散した後でもこのような人気を誇っているというのも伝説と言われている由縁かもしれませんね。

ライブの時のかぐや姫

この三人は本当にすごいフォークソングのグループでした!

ひとつの時代を作ったとも言える!?

南こうせつの軽快なトークが、明るくボケる山田パンダと物静かで謙虚な伊勢正三を盛り立てる。 繊細な歌の良さもさる事ながら、3人の絶妙なコンビネーションが暖かく、聞く者は知らずのうちに引き込まれる。 ひとつの時代だったかもしれない。けれど、我々ファンにとってはひとつひとつの曲が鎮守の輝きを放ち、決して色あせることのない永遠のかぐや姫物語(ストーリー)なのである。 永久欠番のスーパーフォークグループである。

出典:かぐや姫

これが本当の生きた伝説と言えますね。

CDジャケットのかぐや姫

この三人からは暖かい雰囲気が感じられますよね。

解散コンサートでの伝説もある

フォークグループ・かぐや姫には、長い間語られている噂がある。
それはかぐや姫の解散コンサートにまつわるものであり、話は解散コンサートの半年ほど前にさかのぼる。

ある病気を抱えたかぐや姫の女性ファンが、メンバー(南こうせつさん)のラジオにハガキを出した。その内容は、「最後の解散コンサートに行こうと思ってチケットも買ったのですが、私も重い病気を持っているので、コンサートに行けるかわかりません」というものであった。

出典:フォークグループ・かぐや姫 ぞっとする怖い話

このハガキがきっかけで起きた伝説があるのです。

懐かしいかぐや姫の姿

これを懐かしいと思える人も多いのです。

もちろん南さんは励ましたが残念ながら彼女はなくなってしまったのだという。(彼女の遺族が心配させまいと、コンサートが終わるまで亡くなったことは伏せていたという)だが、解散コンサートからしばらく経つと、意外なことがわかった。

出典:フォークグループ・かぐや姫 ぞっとする怖い話

遺族からの気持ちだったのでしょうが、この話には続きがあるのです。

全員笑顔のかぐや姫

出典:n-log.jp

全員笑顔のかぐや姫

コンサートを録音した音源からびっくりする伝説が出来る事になったのです。

コンサートを録音したテープに、不自然な女の声が入っているというのだ。
そのテープはMCが終わり、拍手が観客席から聞こえてくる瞬間に「私にも聞かせて・・・・・・」とか細いながらも、しっかりとテープに入っていたのだ。

この声の主は前述の亡くなった女性だと言われている。

出典:フォークグループ・かぐや姫 ぞっとする怖い話

若き頃のかぐや姫

思いが伝わる伝説ですよね。私はぞっとするより、そこまで愛されていたから起きたことだと思います。今後もまだまだ聞いてもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング