【おまえに】伝説の歌手フランク永井の壮絶な生涯【君恋し】

その特徴的な低音ボイスで日本の高度経済成長をささえたフランク永井さんは2008年に亡くなりました。その生涯と今も残る名曲たちを紹介していきます。

国民的歌手であるフランク永井さん

フランク永井

本名は永井 清人(ながい きよと)。
日本のムード歌謡歌手。

出生:1932年3月18日
出身地:宮城県志田郡松山町
死没:2008年10月27日(満76歳没)

低音の魅力でヒットを連発

米軍のクラブ歌手をへて昭和30年日本ビクター専属となり、1955年「恋人よわれに帰れ」でデビューした。

デビュー当時はジャズ楽曲だったが、歌手の故ディック・ミネさんや作曲家の故吉田正さんと出会いムード歌謡に転身した。

出典:フランク永井さん死去、低音の魅力戻らず - 芸能ニュース :...

昭和32年『有楽町で逢いましょう』が大ヒット

トップスターへ

1957年(昭和32年)の有楽町そごう(2000年に閉店)キャンペーンソングであった『有楽町で逢いましょう』が空前のヒットとなり、さらに既に発表していた『東京午前三時』『夜霧の第二国道』も相乗ヒットとなり、一躍トップスターとなる。

3:37 有楽町で逢いましょう フランク永井

有楽町で逢いましょう フランク永井

そごうのキャンペーンソングとして作成されたものの、キャンペーン終了後の1973年の第24回NHK紅白歌合戦で歌唱されたり、その後も懐メロ番組で放送されたり等、半世紀以上に亘って親しまれる歌謡曲となり、現在でも非常に人気の高い楽曲となっている。

3:29 東京午前三時 フランク永井

東京午前三時 フランク永井

1957年(昭和32年)第8回NHK紅白歌合戦に初出場した際に歌唱した。その後3回紅白で歌われている。

3:20 夜霧の第二国道 フランク永井

夜霧の第二国道 フランク永井

昭和36年『君恋し』でフランク永井の人気は不動のものへ

国民的スターへ

戦後、1961年(昭和36年)に、フランク永井がこの曲をカバーした。二村定一のオリジナル盤とは雰囲気が大きく変わり、寺岡真三によってリズミカルにアレンジされた。こちらのレコードも大ヒットとなり、同年の第3回日本レコード大賞グランプリに輝きフランクの代表曲の一つとなった。

3:30 君恋し フランク永井

君恋し フランク永井

1961年(昭和36年)第12回NHK紅白歌合戦以来、4度紅白で披露された。

昭和47年『おまえに』フランク永井の集大成の曲

集大成の金字塔

1972年(昭和47年)にシングルA面曲として発売した当初はあまり注目されなかったが、フランクの恩師である吉田の本曲に対する強い思いからフランク自身のコンサートや確実に高視聴率を取れるNHK紅白歌合戦などで歌い続け、更に有線放送の普及やカラオケブームなどで本曲が日本全国に広まったことも手伝って、その流れで1977年にシングルA面曲として再録音・再リリースし、大ヒットに繋がった。

3:36 おまえに フランク永井

おまえに フランク永井

元々は1966年(昭和41年)に「大阪ろまん」のB面収録曲として発表された。

2008年10月27日に亡くなったフランクの集大成の曲である、とも言われている。

出典:おまえに - Wikipedia

フランク永井さんの栄光

NHK紅白歌合戦に連続26回出場した。

永井は1957年(昭和32年)の第8回初出場以来、1976年(昭和51年)の第27回に同じく第8回初出場の島倉千代子と共に史上初の20回連続出場記録を樹立。その後、1982年(昭和57年)まで連続26回出場した。また三波春夫が1984年(昭和59年)に27回目の出場を決めるまで白組の史上最多出場者であった。

しかし1983年(昭和58年)の「第34回NHK紅白歌合戦」は落選となり、また、このことは当時の永井にとって大きなショックだったとも言われる。それ以降も紅白歌合戦へのカムバック出演は二度と果たせなかった。

出典:フランク永井 - Wikipedia

日本レコード大賞

日本レコード大賞では大賞を1回、歌唱賞を2回、特別賞を3回受賞している。

進駐軍のクラブ歌手をしていた経験から英語に堪能

コンサートにおいては、趣向を凝らし、緻密に練り上げられた構成のステージングで知られ、約5年毎に大きなリサイタルを開いたが、そのうちのいくつかは芸術祭で賞を受けたほどの語り草になっている。

2:35 恋人よ我に帰れ フランク永井

恋人よ我に帰れ フランク永井

永井さんのデビュー曲です。とてもカッコイイ英語です。

永井は熱烈な東京讀賣巨人軍ファンとしても知られた。

こんなエピソードも・・・
1982年、テレビ番組で『東京讀賣巨人軍が優勝しなかったら丸坊主になる』と宣言したものの、首位中日ドラゴンズに0.5ゲーム差で優勝を逃したため公約通り丸坊主になった司会者の徳光和夫(当時日本テレビアナウンサー)に、「徳ちゃん、来年(1983年)優勝すればいいんだよ。オレだって悔しかったんだから」と言って、徳光を慰めたという。なお実際に翌1983年には優勝している。

昭和60年の自殺未遂から平成20年の逝去まで

自殺未遂

 歌手としてスター街道を歩んでいた永井さんは85年10月21日、東京・目黒区にあった自宅で首つり自殺を図った。夫人の発見が早かったことで一命を取りとめたが、医師から「脳死に近い状態」と診断され、会話が不自由になるなどの後遺症があった。

その原因は数日後に、愛人との間の子供の認知と養育費の請求を苦によるものと報道された

出典:フランク永井 - Wikipedia

一時はリハビリ治療によって看護師と冗談が言えるほどにまで回復し、早期復帰の見込みも立ったが、それ以上の回復はおろか次第に悪化し出す。家族や関係者は、四国での転地療養などさまざまな方法を試みたが好転しなかった。最晩年は幼児レベルの知能状態だったとも伝えられている。

出典:フランク永井 - Wikipedia

やがて周囲も復帰は絶望的と見切りをつけるが、恩師の吉田正だけは最期まで諦めず、よく永井を見舞い、周囲にも「フランクに歌わせたい曲がいっぱいあるんだ」と語っていた。第三者との会話が殆ど成り立たない状態にあったとされる永井だが、吉田と話すときには常人と変わらない状態で話すことができたと関係者が明かしている。

出典:フランク永井 - Wikipedia

リハビリに長年付き添った夫人が91年に自殺未遂。翌92年に離婚した。

その後は実姉の三根子さんと生活し、リハビリしながらの療養生活を送っていたが、実姉が高齢であることや金銭的問題から自宅は売却し、実姉とともに有料老人ホームに入居。ケアを受けていた。目黒区の自宅は既に売却し、世田谷区内の自宅で療養していたという。

2008年(平成20年)10月27日、東京の自宅で肺炎のため76歳で逝去。

東京・世田谷の自宅で療養生活を送っていた永井さんは、今年の夏に風邪をこじらせて入院。その後の回復は思わしくなく、10月27日夕方に自宅で死去した。同31日に都内で通夜、この日、葬儀・告別式が密葬で行われた。親族のほか、永井さんと親しかった限られた音楽関係者が参列し最後の別れをしたという。

戒名は「永徳院道鑑慈調清居士(えいとくいんどうかんじちょうせいこじ)」。身内だけで葬儀を行ったため、古くからフランク永井を知る芸能音楽関係者が2009年2月27日、『フランク永井を偲ぶ会』を開催した

出典:フランク永井 - Wikipedia

日本の歌謡史に残る名曲の数々

3:29 西銀座駅前 フランク永井

西銀座駅前 フランク永井

3:54 公園の手品師 フランク永井

公園の手品師 フランク永井

3:49 大阪ろまん フランク永井

大阪ろまん フランク永井

4:34 霧子のタンゴ フランク永井

霧子のタンゴ フランク永井

伝説の歌手フランク永井

フランク永井さんは独特の低音で多くの人を魅了し、歌謡界に大きな軌跡を残しました。その死を改めて悼みます。数々の名曲をありがとうございます!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング