【元宝塚で吉本芸人?!】仙堂花歩のビックリな経歴とプロ根性【首席卒業】

宝塚音楽学校に首席で入学・卒業した優等生タカラジェンヌの仙堂花歩、退団してから吉本新喜劇の舞台を中心に活躍するというワイルドな経歴の持ち主。

仙堂花歩のプロフィール

仙堂花歩(せんどう かほ)※画像左

本名:林麻衣(はやしまい)

生年月日:1980年2月1日

年齢:34歳

出身地:兵庫県西宮市

体重:41kg


1996年に宝塚音楽学校に首席入学、2年後首席卒業。

その際、優秀者に贈られる、小林一三賞・花柳緑寿賞受賞を受賞。

30を超えていますが少女のような風貌の女性ですね。

宝塚時代の仙堂花歩

娘役で、持ち上げられているほうです

宝塚を退団後、なんとあの吉本興業に所属!!!

なんともワイルドすぎる(笑)

新喜劇の舞台に立つ仙堂花歩

小藪千豊と演技したことも!

仙堂花歩の芸

元々、秀才で真面目なイメージな中意外にも吉本新喜劇に入るということで入った以上、お笑いが専門となるのであまり想像できないですよね。

出典:仙堂花歩は胸がはみ出す位のカップ!?元宝塚が吉本に!!実力は?

そんな仙堂花歩、実際にはどんな芸をやっているのだろうか・・・・・・

4:19 吉本新喜劇 仙堂花歩 元宝塚歌劇星組 のソプラノ

吉本新喜劇 仙堂花歩 元宝塚歌劇星組 のソプラノ

宝塚ベルサイユのばらの名曲「愛あればこそ」を熱唱ww

新喜劇にものすごい上手なソプラノが響き渡る光景なんとも面白いですね。

1:36 【あらびき団】仙堂花歩 吉本の妖精②

【あらびき団】仙堂花歩 吉本の妖精②

とても美しく涙そうそうのメロディを歌っているけれど歌詞はひたすら吉本の闇について語っているww

やはり宝塚時代に鍛えた歌や舞台度胸が生かされているようですね

仙堂花歩の現在は

めでたく結婚

2005年以降、吉本で活躍していたが最近は吉本新喜劇に全く出ていない。

もしや、引退したのか?とも思われる中吉本興業に所属はしているということで引退はしていない様子。

なのになぜ見掛けることが

なくなったんでしょうか。

というのも、2008年3月にブログにてに吉本新喜劇の作家としても活躍する「オバヤン」こと林龍雄(はやしたつお)さんと結婚を発表し、2008年8月21日に女の子の美鈴花(みりか)ちゃんを出産していたんですね。

出典:仙堂花歩は胸がはみ出す位のカップ!?元宝塚が吉本に!!実力は?

吉本で旦那までゲットしたとは!!

オパヤン

夫は関西の放送作家さんです。

仙堂花歩、母になりました

子供はバイリンガルの幼稚園にわずか1歳のときから通っているとか・・・教育ママなんですね。

妊娠6ヶ月まで新喜劇の舞台に立っていたそうです。

2007年5月より主に宝塚音楽学校を目指すためのダンススタジオ「ACTRESS K」の指導員をやっていたものの出産のため休んでいたところ、見事出産1ヶ月後に指導員として現場復帰した。

どうやら大阪の梅田にあるダンススタジオ「ACTRESS K」でのレッスン生の指導を主にやっており、吉本よりもこちらに重きを置いていると言うことのようです。

出典:仙堂花歩は胸がはみ出す位のカップ!?元宝塚が吉本に!!実力は?

元宝塚のキャリアはこっちのほうがよく生かせそうですね

30:07 ミヤネ屋 宝塚音楽学校受験2012 4 6

ミヤネ屋 宝塚音楽学校受験2012 4 6

宝塚志望生の指導者としての仙堂花歩が見られる動画。


キレのある動きや姿勢はさすがですね。

お笑いでも宝塚でも常に全力で取り組むプロ根性すばらしいですね。

おまけ:胸大きいです

たしかに胸大きい仙堂花歩

※画像はイメージです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング