【大人の女性のための】眠れない夜を過ごすあなたへ「江國香織」の幸せになれる名言まとめ

直木賞女流作家・江國香織の眠れない”大人の女性”をそっと包み込んでくれるような名言の数々を集めてみました。

直木賞女流作家 江國香織【Kaori Ekuni】

江國香織*プロフィール*

出典:pbs.twimg.com

江國香織*プロフィール*

1964年東京生まれ。

恋愛小説から童話的作品、エッセイや絵本の翻訳、詩集まで、幅広い作品を手掛け、数々の賞を受賞。

美しい日本語で独自の世界を描いた、感性豊かで洗練された作風が、多くの読者の支持を得ている。

特に女性読者から絶大な支持をうける江國香織さん。

出典:www.moe-web.jp

特に女性読者から絶大な支持をうける江國香織さん。

そんな彼女の、眠れない女性たちを夜の淵からすっと手を差し伸べすくい上げるようなるような、表現・言葉の数々を集めてみましいた。

特に女性読者から絶大な支持をうける江國香織さん。

出典:pbs.twimg.com

特に女性読者から絶大な支持をうける江國香織さん。

そんな彼女の、眠れない女性たちを夜の淵からすっと手を差し伸べすくい上げるようなるような、表現・言葉の数々を集めてみました。

恋をしているあなたへ

辻仁成の続編も話題となった『冷静と情熱のあいだ―Rosso 』より

「人の居場所なんてね、誰かの胸の中にしかないのよ」

出典:『冷静と情熱のあいだ―Rosso 』(角川文庫)

「誰かをほんとに好きになったら、その人のしたこと、全部、許せてしまうものなのよ」

出典:『こうばしい日々』

すれ違い始めた2人。日々の中で、小さな優しい嘘が積み重ねられていく…『スイートリトルライズ 』より

「人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに」

出典:『スイートリトルライズ 』

結婚は恒久的な気の迷い…?『いくつもの週末』より

「いつもおなじひととごはんを食べるというのは素敵なことだ。ごはんの数だけ生活が積み重なっていく。」

出典:『いくつもの週末』

危うい幸せを必死で守る『ホリー・ガーデン』より

「いちばん美しいのは肉体関係を含んだ友情なのだ、と思う。」

出典:『ホリー・ガーデン』 (新潮文庫)

「愛情というのはある種の病気だなと思う。それがあるためになにもかも厄介になる。」

出典:『いくつもの週末』

「ごはんとお菓子」のように奥さんにも恋人にもどちらにも存在価値がある…『泣かない子供』ラルフへより

「だって、人を好きになるというシンプルな感情を分類して、不倫とか遊びとか本気とかいちいち名前をつけるなんていうこと、どうしたってナンセンスでしょう?」

出典:『泣かない子供』ラルフへ

「人生は愉しむためにあるのだし、相手が男であれ女であれ、会いたいと思ったときに会いたいし、そのときにしか行かれない場所、見られないもの、のめない酒、起こらないこと、がある。」

出典:『ぬるい眠り』

「攻撃的になるのは恐いからに決まっているの。」

出典:『思いわずらうことなく愉しく生きよ』 (光文社文庫)

恋はするものではなく、落ちるもの。『東京タワー』より

「このひとがもし去ってしまったら、死ぬかもしれない、と、思った。」

出典:『東京タワー』

「これ以上望んだらあなたを失うかもしれないと思う恐怖なんて、あなたにはわかるはずがない」

出典:『 スイートリトルライズ』

一瞬の幸せのために、愛に忠実に生きる女性たち『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』より

「結局のところ、私たちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。」

出典:『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』 (集英社文庫)

『泣く大人』より

「人は、信じたものにしか守られ得ない。」

出典:『泣く大人』

『ホリー・ガーデン』より

「言いすぎた、なんて最悪のあやまり方だと思った。言いすぎた、なんて、うっかりほんとうのことを言ってしまってごめんなさいねと言うようなものだ。」

出典:『ホリー・ガーデン』

『いくつもの週末』より

「これは我ながら勝手な意見だと思うのだけれど、私はなぜか昔から、チョコレートは男が女に贈るものだと思っている。だから男の人にチョコレートをあげたことは一度もない。甘くて贅沢な、快楽を伴って口のなかでとけるチョコレートは、男が女の心をとかすためのものだとしか思えないから。」

出典:『いくつもの週末』

江國香織 著者解説より

「こんなふうに晴れた日の公園で、隣にすわって一緒に缶のお茶をのめる男のひとがればいいのに。しばらく会えずにいたあとで、ちょっと背が高くなったようにみえる男のひと。ちゃんとあたたかい格好をして、やあひさしぶりって言う言い方が自然で、ポケットから固くて甘い袋菓子をだしてくれる男のひと。」

出典:江國香織

「人はね、誰かに愛されたら、その愛に報いるだけの生き方をしなくちゃいけないのよ」

出典:『こうばしい日々』

なにかが不安なあなたへ

江國香織初エッセイ集『都の子』より

「たとえば、真夜中と、お風呂と熱いお茶だけが自分の味方だと思うようなときがある。」

出典:『都の子』 (集英社文庫)

「可能性で物事を心配すれば、きりがない。」

出典:『東京タワー』

「たとえ憂鬱な一日にも、少なくとも眠るという快楽はあるのだ。」

出典:『泣く大人』 (角川文庫)

「子供の頃、大人はみんな、もっと人格者だと思っていた。」

出典:『ホリー・ガーデン』 (新潮文庫)

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません 』より

「瞬間の集積が時間であり、時間の集積が人生であるならば、私はやっぱり瞬間を信じたい。」

出典:『泳ぐのに、安全でも適切でもありません 』(集英社文庫)

私の心は夕方にいちばん澄みます。それはたしかです。だから夕方の私がいちばん冷静で、大事なことはできるだけ夕方に決めるようにしています。

出典:『落下する夕方』(角川文庫) (著者あとがきより)

「私の、感情の温度は十九度前後である。」

出典:『都の子』 (集英社文庫)

「散歩のいいところは、すぐに孤独になれるところだ。」

出典:『神様のボート』

ぬるいお湯の中にずっと浸かっているような気分になる1冊『ぬるい眠り』より

「あるべきものが、あるべきところに、ちゃんとおさまっていることの居心地のよさ。」

出典:『ぬるい眠り』

「幸福な瞬間をたくさん持つと、人は勇敢になると思う。自分の人生に対する信頼、しか勇気にはならない。何かに護られて在る、ということ。宗教のある人は、だから勇敢になりやすいと思う。うらやましい。」

出典:『泣く大人』

『間宮兄弟』著者あとがきより

「愉快に快適に暮らすのは有意義なことです。たとえ世間から多少「へん」に思われても。」
 

出典:『間宮兄弟』 (小学館文庫)

これは間宮兄弟の著者あとがきにかかれた文章です。
「そういう人たちの話を書きたいと思って「間宮兄弟」を書き始めました。」と続きます。

「水からあがると母が待っていた。バスタオルをひろげ、にっこりとわらって。かわいたタオルはあたたかく、秩序と安心の匂いがした。」

出典:『薔薇のアーチ』

江國さんの名言の数々

そっと包み込んでくれるような江國香織さんの言葉たち。太陽をたくさん含んだバスタオルのような安心感に包まれてお眠りください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング