【尾田栄一郎が天才と語る漫画家】松本大洋の凄さとは一体?!

尾田栄一郎が「天才」と語る、松本大洋。 今回は彼の作品と凄さについてまとめてみました!

国民的大ヒット漫画『ワンピース』の作者・尾田栄一郎が天才と語る漫画家!

『天才』と称される松本大洋

今やトップ漫画家である尾田さんから「天才」と言われるのはとても凄い事です!

やのあやk@55usa

おおお!?この間リベストギャラリーが超満員すぎて結露しまくって中が全然見えなかったのは松本大洋のトークイベントだったのか…いいな…

『ピンポン』を読んで松本大洋は天才だと思ったと語る尾田栄一郎

累計売上冊数3億冊を超える『ワンピース』の作者です!
間違いなく今一番売れている漫画家ではないでしょうか?!

松本大洋・代表的な3作!

月刊IKKIにて連載中『Sunny』

様々な事情を持つ少年たちのお話みたいです!
月刊IKKIってのがまずあまり聞かないのでしょうか?!
月刊ということで更新のペースはそれほど早くない感じですね!!

湖原芽生@Meinokoto_

放置してしまっていた 松本大洋 Sunnyを読んでいる 春男も、じゅんも、静もどんな大人になるのだろう 胸が張り裂けそうで、張り裂けちゃって、静かに悲しくて哀しくて 憧れの街があるあの子たちは、どう生きていくだろう 自分も半分そうだったから 気になるんだ お母さん、、

尾田栄一郎も舌を巻いた作品『ピンポン』

卓球というスポーツに青春真っ只中の高校生・スマイルとペコが、冷たく、そしてカッコイよく“スポ根”の世界を駆ける!!
というのがキャッチコピーらしいです!

アオ@dq10ao

@urya_dqx いいね ピンポンすきやで アニメよりも原作派だけど 松本大洋は結構好き

松本大洋作品の中で一番ほのぼのとした作品『花男』

長嶋に心酔する30歳の“野球小僧”、花田花男とハードボイルドな三年生、花田茂雄のお話です!
野球好きは一度手に取って読んでみるのもありですね!

松本大洋の凄さ① 絵のタッチが変幻自在!

鉛筆画のように柔らかいタッチ!

トーンを使わないタッチ!

迫力感溢れるタッチ!

作者が別なのでは?!
と疑いたくなるような変幻自在のタッチです!

松本大洋の凄さ② 効果音の表し方が独特!

「にゃー」ではなく「なーご」

「にゃー」ではなく「なーご」

「キーンコーンカーンコーン」ではなく「リーンゴーンダーンドーン」

「キーンコーンカーンコーン」ではなく「リーンゴーンダーンドーン」

独特の効果音が独特の世界観を作りだしていますよね!

松本大洋の凄さ③ 「間」の取り方が上手い!

驚いた表情→喜ぶ表情

驚いた表情→喜ぶ表情

悔しさ→喜び

悔しさ→喜び

一コマの移り変わりで表情を大きく変えてしまいます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング