【年の差婚】故 山本文郎と妻 由美子 結婚は「財産目当て?」いえ、愛です【結婚生活は?】

今年2月に肺胞出血で亡くなられた山本文郎さん、アナウンサーとしても有名ですが、この方は年の差婚をしたことでもニュースになりました。そんな彼の妻、結婚生活についてまとめました。

山本文郎

名アナウンサー山本文郎

山本 文郎(やまもと ふみお)
生没年月日 1934年12月23日~2014年2月26日
愛称 文さん(ぶんさん)
出身地 東京市小石川区(現:東京都文京区小石川)
出身校 早稲田大学第一文学部国文学科

『モーニングeye』(TBS系)や『テレポートTBS6』で活躍した山本文郎

長い間、メインキャスターとして活動なされました。

年の差婚で話題に

前妻とは1997年死別

34年間支えあい連れ添った妻を失いました。

しかし、その後・・・

2008年1月 30歳年下の女性と再婚!

当時のワイドショーで大きく取り上げられました。

奥様の由美子さんはなんと結婚当時43歳!

出典:pbs.twimg.com

奥様の由美子さんはなんと結婚当時43歳!

山本さんは73歳ですから芸能界きっての年の差カップルとなりました。

 後妻である由美子との馴れ初めは、TBS時代に司会を務めていたラジオ番組『こども音楽コンクール』に、彼女の兄が出演していたことによる。やがて山本は、由美子の1回目の結婚披露宴でも司会を担当。2007年に前妻を亡くした直後に由美子の離婚を年賀状で知ったことから、久々の再会で相談を受けているうちに愛が芽生えたという。なお、山本は先妻との間に1男を授かっていたが、再婚によって由美子の連れ子である中学生と小学生の父親にもなった。

出典:山本文郎 - Wikipedia

相談を受けているうちに愛が芽生えた、温厚で優しかったと評判の山本さんですから大いにありえますね。

2人の結婚生活は?

日テレ『行列のできる法律相談所』に夫婦で出演

仲睦まじい様子でした。

2009年には『新婚さんいらっしゃい!』に夫婦で登場

すごくラブラブでした

2014年2月に肺胞出血のため死去

 「31歳差婚」として話題になった2人の結婚。当初、山本さんが当時73歳だったこともあり、周囲からは「財産目当て」だと中傷されたこともあった。実際は、山本さんに貯金はなく、結婚指輪もらってなかったという。
 夫に先立たれること。「ほかの夫婦より別れが早いことは分かっていたし、その覚悟もできていた」という由美子さんだったが、それでも実際は、その現実を受け入れられなかったという。「日常って酷ですよね。日常が日常でなくなることがこんなにつらいとは」と涙にくれた。

出典:山本文郎さん 遺骨は前妻眠る墓に…妻・由美子さん「バトンタッチ」...

2014年5月12日放送のTBS「私の何がイケないの?」(月曜後7・00)に出演した由美子さんが、7年間の結婚生活の思い出、山本さんに先立たれた喪失感について告白したものです。

番組内でのインタビューに答えていた由美子夫人

出典:pbs.twimg.com

番組内でのインタビューに答えていた由美子夫人

涙ながらに語っていました。

 亡くなる前日には病床で「お前がいなけりゃ、俺は生きていけない」と話したといい、由美子さんは「当たり前よ」と返したという。再婚当時は31歳の年齢差と、山本さんが73歳で「芸能界最高齢婚」と話題になったが、2人は最後まで熱い関係のままだった。

出典:山本文郎さん突然の死 由美子夫人明かす

年の差を超えた2人の愛は、感動せざるをえませんでしたね。
故 山本文郎さんのご冥福と妻 由美子さんのさらなるご活躍をお祈りします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング