神秘のベールに包まれた名優・高倉健の唯一の結婚

映画界の大スター・高倉健さん(通称健さん)ですが、生涯結婚したのは一度だけ。歌手の江利チエミさんと59年に結婚、71年に離婚し、その後は生涯独身を通しました。それら健さん唯一の結婚のエピソードをまとめてみました。

高倉健、人生一度の結婚

映画界の大スター高倉健

出典:www.asahi.com

映画界の大スター高倉健

日本を代表する映画スターで、半世紀以上にわたり活躍してきた高倉健さん。2006年に文化功労者、2013年には文化勲章も受章しています。

高倉健と江利チエミが結婚

仲睦まじい写真ですね

1959年(昭和34年)2月16日に、1956年(昭和31年)の映画『恐怖の空中殺人』での共演が縁となって、江利チエミと結婚しましたが1971年(昭和46年)9月3日に離婚を発表しました。江利チエミと離婚した後は独身を通しています。

出典:健さんを慕う人たち|高倉健 その魅力

高倉健&江利チエミとのエピソード

若き日の高倉健

私生活はベールに包まれていて、自身も多くを語らなかった

ある関係者は、1959年に結婚した歌手で女優、故・江利チエミさん(享年45)との交際時の秘話を告白。57年公開の「ジェット機出動 第101航空基地」の撮影時、健さんは夜に撮影を終えると「10分だけでも会いたい」と夜行列車で静岡・浜松からチエミさんの仕事先の大阪へ。ひとときの逢瀬を楽しみ、朝までに帰ることを繰り返したという。

出典:健さん、元妻・江利チエミさんと夜行列車愛「10分だけでも会いたい」(サンケイスポーツ...

仲の良さは結婚後も変わらず、ロケ現場にはチエミさんがたびたび差し入れを持ってきたといい、「そんなとき、健さんは照れくさいのか必ずいなくなるんです。『ダーリン』と呼ばれるところを見られたくなかったんでしょう」と回想。

出典:健さん、元妻・江利チエミさんと夜行列車愛「10分だけでも会いたい」

健さんはオウチではダーリンって呼ばれていたんですね

江利チエミさんさんのために自ら車の運転をすることも多かった高倉健

出典:mainichi.jp

江利チエミさんさんのために自ら車の運転をすることも多かった高倉健

「夜中の一時ごろでしたか、のせて走ったんです。そしたら、途中で降ろしてくれって言うんです。あなたが走ってるところが見たいから、って。で、ぼくがやつの目の前を行ったり来たり走るんです。そしたらあいつ拍手してくれるんですよ。かっこいいよ!って。可愛いなあと思いました。この女のためならなんでもできるなあと」

出典:◆ 高倉健インタヴューズ - 江利チエミファンのひとりごと

男気あふれる高倉健

「チエミは…彼女が至らなかったと言っていますが、至らなかったのはボクの方です」「チエミは良い女房でした。ボクは旅が好きで放浪ぐせがあったから、そんなところから、隙間風が入ったのかもしれません。13年間の…」などと、最後までチエミさんをかばいおとこ気を見せた。

出典:健さんが男気見せた あの2大騒動(東スポWeb) - Y!ニュース

結婚と離婚を経験した後は独身を通した高倉健

偶然ではあるが、チエミの柩が玄関を出た2月16日は、奇しくも最期まで愛してやまなかった高倉健との結婚で、花嫁衣装を着て実家の玄関を出た日と同じであった。その高倉はチエミの葬儀当日、会場の前で車を停め手を合わせていたという。

出典:江利チエミ - アルコール依存、断酒、禁酒プラットホーム

生涯江利チエミを愛した高倉健

 健さんはチエミさんの命日の2月13日の前後になると必ず墓参りに出かけていたという。健さんが主演した映画「鉄道員」の中では、チエミさんの代表曲「テネシー・ワルツ」がテーマ曲として使われている。

出典:高倉健さん 再婚せず 元妻江利チエミさんの墓参りは欠かさず  —...

チエミさんが亡くなってから、30年あまりも続けられていたという命日の墓参り。健さんのチエミさんに対する変わらない愛情を感じられます。惜しくも2014年11月に亡くなった健さんも生涯、不器用な生き方を貫いたのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング