【ひとり酒】美人演歌歌手 伍代夏子、病気との闘いと克服【夫 杉良太郎との絆】

日本を代表する大物演歌歌手の伍代夏子さんですが、数年前、C型肝炎であったことを公表し、無事克服したことが話題になりました。彼女の闘病生活を支えたのは何だったのかまとめました。

伍代夏子

日本を代表する美人演歌歌手 伍代夏子

伍代夏子(ごだい なつこ)
生年月日 1961年12月18日~
本名、山田 輝美
出身 東京都渋谷区

代表作には『ひとり酒』『金木犀』など

誰でも一度は聞いたことのある名曲ですね。

夫はあの大物俳優 杉良太郎

夫の杉良太郎は、伍代のことを、「性格は男性的」「江戸っ子らしく竹を割ったような性格」「情に厚い」「親孝行」「相手に細やかな神経が使える人」などと評している。

出典:伍代夏子 - Wikipedia

お互いのことをよくわかってらっしゃるのでしょうね。

C型肝炎で闘病中であることが発覚!夫 杉良太郎との絆

2010年8月にC型肝炎であることを公表

『爆報THEフライデー』でも放送されて、一気に話題になりました。

実は伍代夏子さんはC型肝炎(しーがたかんえん)に侵されていました。C型肝炎はC型肝炎ウイルスにかかることでなる病気。肝臓がんの80%がC型肝炎を原因として引き起こされる事が分かっています。伍代夏子さんはC型肝炎であることで子供を産む事に消極的でした。しかし、杉良太郎さんは「2人で頑張っていこう」と言ってくれたと言います。そんな杉良太郎さんの男気に惹かれ2000年4月、2人は結婚しました。

出典:伍代夏子のC型肝炎の闘病生活|爆報!THEフライデー - テレビのブログ

お二人の馴れ初め、杉良太郎さんがかっこいいですね~。
二人の信頼関係はこのエピソードが元になっているのではないでしょうか。

現在はどうなってるの?

結婚から10年後、C型肝炎に効果的な薬品が開発されました。すぐさま伍代夏子さんは投薬を開始。しかし、副作用で貧血や酸欠や発熱が起きてしまいました。1年半の闘病に耐え、伍代夏子さんはC型肝炎を克服。今ではその経験を活かし肝炎対策特別大使として肝炎の早期発見を呼びかけています。

出典:伍代夏子のC型肝炎の闘病生活|爆報!THEフライデー - テレビのブログ

無事、お二人で苦難に打ち勝ち、病気を克服したようです。素晴らしい夫婦愛ですね。

実は、夫の杉良太郎さんも肝炎総合対策推進国民運動特別参与に任命されました

妻である伍代さんと共に肝炎に対する知識の啓蒙を行う姿は理想の夫といっても過言ではないでしょう。

仲睦まじいお二人

これからも仲睦まじく支え合って欲しいですね。

2013年の紅白歌合戦に出場した伍代夏子さん

8年連続での出場を果たしました。
今年も選ばれるのか注目です。

これからも頑張って欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング