【コウモリ食う】元祖ヘビメタ、ブラック・サバスのメンバーが変わってる【7回脱退】

「音楽やってるヤツらはどこかおかしい」というのは大きな偏見です。しかしブラック・サバスを見てると、やっぱり間違ってないかもしれない……

ヘビメタの創始者、ブラック・サバス

1969年、前進バンドの「EARTH」のメンバーであるトニー・アイオミとギーザー・バトラーがホラー映画「ブラック・サバス/恐怖!三つの顔」を見に行った時に長蛇の列が出てきていた事から「人々がお金を払ってまで恐怖を求める」だと気づき着想、「人々を怖がらせる音楽を作ろう」と言うノリでBLACK SABBATHは誕生した。

出典:BLACK SABBATHとは (ブラックサバスとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ブラック・サバスのイカれたメンバー(一部)を紹介するぜ!

コウモリむしゃむしゃ、オジー・オズボーン

生きたハトを食べたり、ファンに投げ込まれたコウモリを食い殺したパフォーマンスが有名。
この芸当の後に彼は速やかに病院に運ばれ、ツアーの間も毎日注射を打っていたといいます。

指をプレスしたギタリスト、トニー・アイオミ

板金工時代、無断欠勤した同僚に代わって慣れないプレス機を運用中に事故!
右手の中指と薬指の先端は、チップになっています。

トニー・アイオミの右手

右手の中指と薬指の先端は、チップになっています。

オタクな作詞担当、ギーザー・バトラー

ブラック・サバスの作詞担当。黒魔術やオカルトをテーマに据えたブラック・サバスの世界観を担っています。
やっぱりファンタジーが大好きみたいで……

「最近オフは何をしてますか?」という問いに対して、他のメンバーは「家族と過ごしてる」とか「曲を書いてる」といった無難な返事をしてました。しかしギーザー先生は違いましたね。

「相変わらずコミック収集だよ。シルバーサーファーは大方集めたんで、今度はX-メンを集めようかと思ってるんだけど、迷っててね。アレ数が多いから...」

当時ギーザー先生は40過ぎの、言い訳の効かないオヤジです。子供もいます。そんな人の口からコレですよ。インタビュアーもさぞ面食らったのでは。

出典:ギーザー先生は正しい

7回脱退したビル・ワード

元々ブラック・サバスはメンバーの入れ替わりが激しいのですが、特に何度も入脱を繰り返しているのがビル・ワードさん。

2011年、ブラック・サバスがオリジナルメンバーで再結成されたときも早々に抜けました。原因は契約が金銭的に気に入らなかったためと言われています。

人々を魅了する音楽は、やはり類稀なる経験からしか生まれないのでしょうか……?

ブラック・サバスの名曲

ブラック・サバスはその革新的な音楽により後続に大きな影響を与えた。日本ではアルバムがさほど売れなかったが、アメリカではオジー・オズボーンのソロでの成功もあり、日本人の想像を絶する人気が今でもあり、HR/HMの歴史上最も重要なアーティストを決める投票でレッド・ツェッペリンに次いで2位に入ったこともあるほどである。日本ではロード・ウォリアーズの入場曲となった「アイアン・マン」「パラノイド」、「ダイ・ヤング」が特に有名。

出典:ブラック・サバス - Wikipedia

6:00 Black Sabbath - Iron Man (Music Video)

Black Sabbath - Iron Man (Music Video)

2:47 Black Sabbath - Paranoid(1970 - Music Video)

Black Sabbath - Paranoid(1970 - Music Video)

4:46 Black Sabbath - Die Young

Black Sabbath - Die Young

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング