【熊木杏里(シンガーソングライター)】歌詞へのこだわりが凄い!【誕生日】

シンガー・ソングライターの熊木杏里さん。彼女は曲だけではなく「歌詞へのこだわり」が凄いことでも有名です。今回は、そんな彼女の「作詞家」としての活躍に迫ってみたいと思います。

メッセージ性の強い熊木杏里の歌詞

熊木杏里さんの音楽は、メロディーもすばらしいのですが、それ以上にメッセージ性のある「歌詞」が有名ですよね。

シリアスなテーマにも果敢に切り込んでいく熊木杏里さん

「自己」「恋」「戦争」といった、深いテーマについて自分なりの価値観を伝えようとするその真摯な姿勢は多くのファンの共感を集めています。

メッセージを伝えるために始めた音楽活動

熊木さんにとっての音楽は「自分と向き合う」ためのツールだった。

子供の頃、思うように自己表現できずに苦しんでいた彼女が、自分自身と向き合って、自分を表現するために始めたのが音楽活動だったそうです。

友達に対して全然自分のことを言えなくて、仲間にも入っていけなくて…。そんなとき、「自分の思いを書いてみれば?」って父が言ってくれたことがきっかけで曲を作り始めて、自分と対峙するようになったんです。

出典:熊木杏里インタビュー特集、第1回「熊木杏里というアーティストとは?」 | スペシャル...

歌詞作りを優先した音楽活動

そのため、彼女ん音楽活動は、「歌詞作り」優先で行われているそうです。

「詞先」形式を取る熊木杏里の音楽

熊木さんは歌手の中では珍しく、歌詞を先に作る音楽活動を行っているそうです。

私は音楽的なところから始まっているんじゃなくて、まずは言葉を書くっていうーーたとえば「風」と書いたら、その形からメロディーが生まれるぐらいな感じなんですよ。今もそうなんですけど、私は真っ白い紙を置いて歌詞を書くんです。昔から、この真っ白い紙にだけは正直に自分の気持ちを言えた。それは誰にも邪魔されない時間というか、圧倒的に「無」な時間なんですよね。うん、気持ちいい時間なんです。

出典:熊木杏里インタビュー特集、第1回「熊木杏里というアーティストとは?」 | スペシャル...

様々なものからインスピレーションを受ける、熊木さんの作詞活動。

歌詞に対して、なみなみならぬこだわりを見せている熊木杏里さん、彼女の研ぎ澄まされたワードセンスはいかにして養われたのでしょうか?

小説からインスピレーションを受けることが多い熊木杏里さん

一時期は国語教員の道も選択肢に入れていた熊木杏里さん。彼女の言葉選びの素晴らしさは、文学的な素養によって裏打ちされていたんですね。

では、歌詞を書くときにインスピレーションを受けるものはなんですか?
熊木 「私も恋愛小説をよく読んでます。島本理生さんや谷村志穂さん、江國香織さんが好き」「きっと手がかりを探したいんだよね。いろんな気持ちを代弁してくれるから」

出典:熊木杏里連載 「聴こえる書斎〜はなよりほかに」 - Chapter.5...

多くの人を感動させた代表曲「誕生日」

ここまで、熊木さんの歌詞の魅力について散々語っておきながら、具体的な歌詞を紹介しないのは少々お行儀が良くないのですね。そこで、最後は彼女の代表曲の「誕生日」の歌詞を紹介して結びたいと思います。

熊木杏里「誕生日」

聞いているうちに、自己否定の気持ちが薄れていき、肩の荷が下りる感覚を味わえます。

おめでとう
今日まで辿りついたんだよ
つらいことの方がよくあるけれど
ありがとう
理由は何もないんだよ
あなたという人がいることでいいんだよ

中略)

おめでとう
奇跡があなたなんだよ
暗闇に灯ってる火のように
ありがとう
手のひら合わせられるのは
あなたがこうしてここにいるからなんだよ

出典:熊木杏里 - 誕生日 - Oo歌詞

4:02 Baby's Memories by Happy Mother's Factory [誕生日/熊木杏里]

Baby's Memories by Happy Mother's Factory [誕生日/熊木杏里]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング