『男はつらいよ』の山田洋次監督、次回作は『家族はつらいよ』!?

山田洋次監督といえば、寅さんで有名な『男はつらいよ』シリーズが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。そんな山田洋次監督の現在撮影中の最新作とは?

山田洋次と言えば、『男はつらいよ』

山田洋次監督

日本映画の第一人者のひとりとされています。
代表作は『男はつらいよ』『たそがれ清兵衛』『学校』など。

実は東京大学法学部卒だったりします。

山田洋次監督の代表作『男はつらいよ』

シリーズ化している、不朽の名作!

寅さん

渥美清演じる「寅さん」。
人情味あふれる寅さんは長年日本人に愛されています。

監督の最新作は…『家族はつらいよ』!?

2013年公開の『東京家族』とまったく同じキャスト・家族構成で別の一家のお話となるようです。
期待!

『家族はつらいよ』キャスト

現在撮影中で、2016年に全国公開を予定しているそうです。

「現代の家族を喜劇で描くなら、このメンバーが最高のアンサンブル」と山田監督が大絶賛するのは、「東京家族」に名を連ねた橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優の8人

出典:山田洋次監督20年ぶりの喜劇「家族はつらいよ」製作決定!「東京家族」キャストが再結集...

豪華なキャスト陣!
これだけで見たくなってしまいますよね。

『家族はつらいよ』キャスト

「男であり、女であり、人間であることは、難儀で厄介。でも何とか生きていかないといけない。そういう意味で、1969年から始まった寅さんシリーズに『男はつらいよ』というタイトルをつけました。今回、それと全く同じ意味合いで、この『家族はつらいよ』というタイトルをつけました」。

出典:山田洋次監督20年ぶりの喜劇「家族はつらいよ」製作決定!「東京家族」キャストが再結集...

「喜劇映画」ということで、笑いあり、涙ありって感じになるのではないかと思われます。
今から公開が楽しみですね!

山田洋次監督が大切にする「家族」というテーマ

山田洋次監督の作品には”家族”がテーマとなったものが多いんです。

山田洋次監督と”家族”

「家族というのは、厄介で、大変煩わしいもので、無くてもよいと思うこともあるのだけれど、やはり切り捨てられない問題。そのつらさを何とか切り抜けていかねばならない、そのためにドタバタする、そんな滑稽で不完全な人間を、懸命に表現したい」

出典:山田洋次監督20年ぶりの喜劇「家族はつらいよ」製作決定!「東京家族」キャストが再結集...

面倒くさくて、不完全で、もどかしくて。
そんな家族模様をじんわり伝わってくるのが山田作品。

映画『家族』 ポスター画像

“あぁ、ダメなのは自分だけじゃないんだな”と安心して笑ってしまう。映画館で、観客と作り手が、笑いを共有していく−−そんな喜劇にしたいと思います

出典:山田洋次監督最新作『家族はつらいよ』製作決定!豪華キャストも公開 | RBB TODAY

「家族」をテーマとした山田洋次監督の最新作、今からたのしみですね!

「家族」がテーマとなっている山田洋次監督作品(近年のものをチョイス!)

『母べえ』(かあべえ)

2008年1月公開の作品。

戦時中の日本が舞台。思想犯として投獄された父と家族が支えあって生きる姿を描いています。

『おとうと』

2010年の作品。

苦労している姉と、風来坊の弟の物語。

『小さいおうち』

2014年の作品。

妻の浮気しそうな様子を女中がノートに残す。
そのノートを見ながら夫が何を思ったのか、回顧録として描かれている映画です。

『母と暮らせば』

2015年12月公開予定の作品。

二宮和也さんと吉永小百合さんが親子役で出演。

終戦3年後の長崎を舞台とした物語です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング