変わりすぎ?マイケルジャクソンの治療による風貌の変化

どんどん顔が変わってしまっていたマイケルジャクソンさん。白人になりたかった?美しくなりたかった?メディアによって捻じ曲げられたマイケルジャクソンさんが本当に治療をしていたわけをご紹介いたします!!

マイケルジャクソンのプロフィール

マイケルジャクソンさんのプロフィール

出生名:マイケル・ジョセフ・ジャクソン
出身地:アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリー
生年月日:1958年8月29日
死没:2009年6月25日(満50歳)
活動期間:1967年~2009年

「キング・オブ・ポップス」マイケルジャクソン!!

「人類史上最も成功したエンターテイナー」など他にも多数のギネス記録を持っているマイケルジャクソンさん。まさに「キング・オブ・ポップス」の名をほしいままにしていました。

マイケルジャクソンさんといえば圧巻のステージ

マイケルジャクソンさんのパフォーマンスは今更言うまでもなく有名です。

マイケルジャクソンの顔の変化を追う

デビューしたてのマイケルジャクソンさん

当時はアフロの髪形が特徴的でした。この頃はまだ肌が黒いです。

1983年、スリラーを発表した年のマイケルジャクソンさん

幼いころから比べると好青年になった印象ですね

1988年のマイケルジャクソンさん

この頃から肌の色が白くなり始めています。

1993年のマイケルジャクソンさん

メイクのせいもありますが大分印象が違いますね。そして鼻筋も極端に細くなっています。

0:41 jacksons face change

jacksons face change

マイケルジャクソンさんの顔の変化を動画にしたものです。とてもわかりやすい上にすごい!と感嘆の声を漏らしてしまう出来ですね。

怪我の治療からメスを入れていったマイケルジャクソン

マイケルジャクソンが鼻をいじった理由は骨折

1979年にステージの床に鼻をぶつけて骨折するという事故があったことがきっかけで病院に行ったマイケルさん。やむを得ない事情からはじめたそうです。

1979年、ステージの床に鼻をぶつけ骨折するという事故が起きました。この怪我の為、鼻を手術することになりましたがこれが、マイケルが整形をするきっかけになったと言われています。

出典:【画像アリ】マイケル・ジャクソンの鼻の変化が凄すぎて怖い!|MARBLE [マーブル]

治療後のマイケルジャクソンさんのジャケット写真

治療後に撮られたこちらの「オフ・ザ・ウォール」のジャケットでは以前よりも鼻が小さくなっていることが見受けられます。

美しさを追求するために複数の治療を行ったマイケルジャクソンさん

ハリウッドでは整形なんて当たり前、なようですね。マイケルさん自身も「理想の自分」になるために鼻や顎などにメスを入れたと語っています。

白人になりたかったわけではない!?

マイケルジャクソンさんが患った尋常性白斑

この尋常性白斑とは皮膚病の一種で膚の色素の一部分がぬけて、それが徐々に広がってしまう自己免疫疾患だそうです。この白斑が全身に広がってしまう事もあるそうで、マイケルさん自身はかなり早い時期からこの病に悩まされていたそうです。

彼は体の彼方此方が白くなる所謂白なまずと呼ばれる「尋常性白斑」という皮膚の病に怯えていたという、生前は段々白くなるその容貌と整形手術に対して誤解が生まれ「彼は白人になりたいのだ・・・」というデマが流れた。

出典:『マイケル・ジャクソンを悩ましていた「デマ報道」と尋常性白斑』

黒人であることを誇りに思っていたマイケルジャクソンさん

一部メディアではどんどん白くなっていくマイケルさんに対して白人になるために漂白した。という報道をしていましたがこれは大きな間違いです。彼は黒人であることを大変誇りに思ったようです。

笑顔が素敵なマイケルジャクソンさん

自分にはアフリカ系アメリカ人としての誇りがあるし、自分が自分であることにも誇りを持っている、とコメントしています。

マイケルジャクソンさんのトレードマークといえば手袋!

この手袋をしているのにもきちんと訳があるそうです。身体に出てしまう尋常性白斑の後はメイクでごまかすことができるそうですが、爪の中はどうすることもできません。それを隠すために手袋をしていたようですね。

風貌が変わっていった理由は事故治療、肌の色に至っては病気による症状を隠すためのものでした。特に肌に関して、白のまだら模様は人に不快感を与えてしまうとしてファンにそんな思いをさせないために徹底して隠してきたものだそうです。メディアによって曲げられてしまったマイケルジャクソンさんのイメージですが、きちんと理由を報道してあげていれば彼があんなにもバッシングの対象になることもなかったでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング