【ドッキリ!?】ダウンタウンと高須光聖との関係は?【放送作家】

放送作家をはじめ、作詞家や脚本家、ラジオパーソナリティなど幅広いジャンルで活躍をする高須光聖さん。ダウンタウンの二人とは強い関係で結ばれているというその理由に迫ります!

高須光聖

高須光聖

高須さんは主に放送作家として活躍しています。特にダウンタウンの出演する番組の多くに携わっており、彼らの人気を支えています。

ダウンタウンと高須光聖さん

ダウンタウンの濱田雅功、松本人志と高須光聖のエピソードをまとめました!

ダウンタウン松本人志と高須光聖さん

松本さんに誘われて放送作家の道へ

高須光聖さん、松本人志さんの誘いで道を開く

高須さんと松本さんの親交は小学校時代から始まりました。高須さんは輸入雑貨店への就職が決まっていたものの、店長の病気で閉店することになり、就職ができなくなってしまったそうです。暇な日々を過ごしていたところ、松本さんに食事に誘われてお互いの近況を報告。そこで、松本さんは高須さんに新番組のスタッフになるよう勧めました。ここから放送作家のキャリアがスタートします。

高須さんの迷いを松本さんが断ち切る!

松本さんに諌められて踏みとどまった高須光聖さん

松本さんの誘いでスタッフの仕事を始めた高須さんでしたがなかなか思うようにいかず、3カ月後、辞めようか松本さんに相談しました。ここで松本さんが「オレが『いける』って言ってんねんから大丈夫やって」と言ったそうです。稀代の才能を誇る松本さんの言葉で、仕事に本格的に向き合うようになりました。

松本さんのラジオ番組で表舞台へ

高須光聖さん、松本さんのラジオ番組に出演

2001年に「松本人志の放送室」で高須さんは松本さんと共にパーソナリティを務めました。このコンビの放送が好評で、高須さんの知名度が一気に上がりました。

高須さんと浜田さんの関係

高須光聖さんは浜田雅功さんとは幼稚園時代から親交あり

高須さんと浜田さんの関係は松本さんよりも早く、同じ幼稚園に通っていたところから始まりました。松本さんほどのエピソードはありませんが、2012年に浜田さんがリリースした楽曲「ラブレター」で、高須さんは作詞に携わっています。

高須さんと『ダウンタウン』が絡んだ出演番組

『ダウンタウン』の番組の多くを担う高須光聖さん

高須さんは『ダウンタウン』の出演番組で現在は、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」、「水曜日のダウンタウン」、「ダウンタウンDX」などを担当しています!
どれも『ダウンタウン』の看板番組ですね。また、高須さんが共演する番組もありました。

14:48 ガキの使い  構成作家高須にドッキリを仕掛ける

ガキの使い  構成作家高須にドッキリを仕掛ける

かつて、高須さん本人が「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に出演してドッキリにはめられたことがあります(笑)

8:54 ガキの使い 放送作家・高須光聖 七変化

ガキの使い 放送作家・高須光聖 七変化

同じく「ガキ使」で、高須さんがダウンタウンを笑わせようと芸を披露しています。

14:09 松本人志の放送室「高須光聖のはじめての○○行為」

松本人志の放送室「高須光聖のはじめての○○行為」

高須さんと松本さんが共演したラジオ番組で、7年半続きました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング