実はクズ?德光和夫が人気アナになるまで【プロフィールまとめ】

德光和夫といえば、超人気アナウンサーとして一時代を築いた男 しかし、現在では出演番組も少なく、人気は下降線に... それどころかネット上では過去の暴言が取り上げられることも... そもそも、この人ってどうやって人気アナになったの? というわけで、德光和夫のプロフィールをまとめてみました。

德光和夫

徳光和夫

徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年3月10日〈戸籍上。実際は3月3日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。

超人気アナ

24時間テレビの最年長ランナーを務めた徳光和夫

24時間テレビのランナーを務めたこともある

数々の暴言...

・日本ハムなんて東京の人は誰も知りませんよ。


・阪神の好調はハレー彗星が来るのと同じくらいの珍事。

・阪神の選手はこれ以上頑張っても、給料が上がらないことを分かって欲しいですね。

・へえ、お子さんも中日ファンなんですか? それじゃあ学校で虐められるでしょう。

・徳光が司会をやってる番組であるゲストに「好きな球団は?」と聞き、そのゲストが「広島」と答えたとき、
まぁ信教の自由ですから。

・ヤクルト・真中選手のホームランを
まぐれですね。


・もっとマスコミは長嶋さんを賛美しろ。

出典:徳光和夫暴言集

このように多くの暴言で知られている。

そもそもどうやって人気が出たの?

大学時代

出身は立教大学の徳光和夫

海城高校から立教大学へと進学しました。

六大学のスター 長嶋茂雄に感銘を受ける

立教大学野球部で活躍していた長嶋茂雄に感銘を受け、巨人ファンとなりました。
これが現在の巨人びいきの始まりです。

放送研究会に所属 後輩は...

大学では放送研究会に所属していました。
後輩には同じく人気アナのみのもんたがいます。

日テレ時代

1963年 日本テレビに入社

日テレに入社しました。

このことがきっかけで人気アナウンサーの道を歩み始めます。

ズームインの司会を務めた徳光和夫

1979年からはズームインの司会を9年間務めた。

つまり、当時の人気番組の司会として活躍したことで世間的に認知されて人気アナとなったわけです。

ちなみに、「3分クッキング」は降ろされている。

「味噌汁は味噌に水を入れて作るんですね」などと的外れな発言を行なったことで視聴者から批判を受けた。

フリー時代

その後、多くの番組で司会を務めます。

クイズダービーの司会を務めた徳光和夫

『クイズダービー』は、毎週土曜日の19:30 - 20:00(JST)にTBS系列で放送されていた、ロート製薬一社提供のクイズ番組

THE・サンデーの司会を務めた徳光和夫

日本テレビ系列(NNS加盟局)で1989年10月1日から2008年9月28日まで毎週日曜日の朝に生放送されていた情報番組

世界ウルルン滞在記の司会を務めた徳光和夫

1995年4月9日から2007年4月1日まで、TBS系列で放送されていたテレビマンユニオン・毎日放送(MBS)制作のトークショーとクイズ番組を兼ねた世界紀行ドキュメンタリー番組である。

速報!歌の大辞テンの司会を務めた徳光和夫

『速報!歌の大辞テン』(そくほう うたのだいじテン)は、1996年10月16日から2005年3月23日まで日本テレビで放送された音楽情報バラエティ番組。1998年9月までは毎週水曜 20:00 - 20:54 (JST) に、同年10月以降は毎週水曜 19:58 - 20:54 (JST) に放送。

幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜の司会を務めた徳光和夫

2004年11月5日から2008年3月14日までフジテレビ系列で毎週金曜日19:57 - 20:54に放送されていた人生相談・バラエティ番組である。細木数子と徳光和夫が番組の軸だった

現在では...

高額なギャラで番組の降板が増えた徳光和夫

番組の苦戦と同時に高額なギャラがネックとなり、降板が増えた

「最近大物キャスターがピンチだが!?」
という質問には
「大物はギャラが高い?そうだと思いますよ。いい子ぶるわけじゃないですけどね」
降板の原因の一つにギャラの高さがあることを暗に認めている形だ。長く続いた番組が終わるのは運命で、みのもんたさんや古舘伊知郎さんなどの後進に道を譲れ、というメッセージだと思う、とも話している。

出典:徳光「THE・サンデー」降板? 大物司会者次々リストラのワケ

一時期に人気を築いたが故に高額なギャラがネックとなってしまいました...

それでも仕事はそれなりにある徳光和夫

近年ではAKBの総選挙の司会などがある。

結局、人気の理由はなんだったのか?

徳光和夫といえば「涙」

「感動」を提供する番組には欠かせない存在だった。

徳光和夫が司会を務めた番組意外にも、ウルトラクイズなど感動や情熱をテーマとする番組が多かったと思います。
それゆえに、徳光和夫のような司会者が人気が出たのでしょうか...

ちなみに涙は「嘘泣き」らしい。

「涙は仕事です」と発言している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング