ロックバンド・CUNEのおすすめ名曲集!

名曲をたくさん生み出している邦ロックバンド・CUNE(キューン)。彼らの魅力とおすすめの曲をまとめてみました。

CUNE(キューン)とは?

cune@cune_info

cune presents「ザ・新年会2016」終了! ご来場いただいた皆様、MC白阪誠ありがとうございました! 改めて2016年もcune並びに各メンバーをよろしくお願い致します! https://t.co/e3sgjvaJpA

CUNE 日本のロックバンドです。

1999年に結成。同じKreisレーベルの別々の二つのソフトヴィジュアル系バンド(小林と中村はRay、生熊と大北はIze)で活動していた4人が、小林の呼びかけのもと、"胸キュン" な楽曲を世に問うべく集まり、バンド名をcune(キューン)と名付ける。

出典:cune - cuneの概要 - Weblio辞書

ダイナミックでエネルギッシュな曲風が魅力的です!
それに加え、バンド名の由来でもあるような「胸キュン」なせつないメロディーも得意としています。

メンバー紹介!

生熊耕治

CUNEのリーダー。ギター&コーラス担当。
1974年10月16日生まれ、A型。

中村泰造

出典:pbs.twimg.com

中村泰造

ベース&コーラス担当。
1978年6月21日生まれ、O型。

大北公登

出典:pbs.twimg.com

大北公登

ドラム&コーラス担当。

1976年10月21日生まれ、O型。

2011年に脱退したギター&ボーカルの小林亮三 元々のメンバーは4人でした。

2012年3月22日、東京 Shibuya O-EASTにてワンマンライブ「DON’T STOP THE MUSIC」開催。新曲「RISE」を期間限定でストリーミング配信。7月23日、小林が音楽性と人生観の違いを理由にcuneを脱退した事を公式ブログ、及び自身のブログで発表した。生熊はこの脱退について、音楽性の違いよりも人間観の違いが大きいとしている。また、cuneの解散は現時点では無いとブログで明言した。

出典:cune - cuneの概要 - Weblio辞書

解散はないと言っても、
作詞・作曲とボーカルを担当していた小林さんが脱退しちゃったら事実上は解散ですよね。
すごく良い曲ばっかりなのに、残念です…!

名曲が多いCUNE

熱い支持を受けるCUNE

ぜひ、もっと多くの人に聞いてみてほしい。
そんな熱い思いを持つファンの言葉をお伝えします。

たいていのアーティストはその人の曲をいろいろ聞いてるうちになんとなくその人のメロディラインの特徴みたいなんが見えてきてあきちゃうこととかあると思うんだけど、このバンドは一つのスタイルに縛られずに、「いい曲」をばんばん聞かせてくれるからあきないで聞くことができます。だからといってけしてオリジナリティがないわけではなくて,ボーカルの亮三さん(←最近ではめずらしいくらい力強い声の実力派ボーカル!)がどんな曲もしっかり「cuneの曲」にしちゃってるからスゴイ☆

出典:Amazon.co.jp: GREAT SPLASH: 音楽

曲に独特の世界観があるCUNE

彼らは随分独自の感性というか、世界観があるように思えます。「クローバー」のように素直に胸に響く曲があるかと思うと、「エアロビクスガール」のような短いくせに印象強いのが出てきたり。全体的に短めの曲が多く、始めは期待はずれの感があったのですが、完全な「飽き」というのは全然無くて、何度も「また聴きたい」と思ってしまう不思議な(けれどしっかりした)魅力がありました。

出典:Amazon.co.jp: GREAT SPLASH: 音楽

CUNE おすすめ名曲集♪

4:17 SAMURAI DRIVE

SAMURAI DRIVE

CUNEのインディーズ時代の曲。
hitomiがカバーして有名になりました。

3:55 リフレイン -Live ver.- cune

リフレイン -Live ver.- cune

CUNEのメジャーデビュー曲。
全力でまっすぐな感じがすごく良いです。

4:04 流れ星 - cune

流れ星 - cune

CUNEの切ないメロディの代表曲と言っても良いでしょう。胸キュン…。

4:29 cune   クローバー

cune クローバー

こちらもせつない系ナンバーです。
ぜひ聞いてほしい一曲。

3:34 cune - 東京

cune - 東京

素敵なメロディーと歌声が魅力です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング