大月みやこデビュー50周年コンサート画像まとめ【50周年記念新曲、代表曲あり】

1964年に『母恋三味線』でデビューした大月みやこ。デビューからヒット曲に恵まれず、20年目にして『女の港』がヒット。その年にNHK紅白歌合戦にも出場。今では大物演歌歌手となり、昨年デビュー50周年を迎えた。

大月みやこ デビュー50周年画像まとめ

デビュー50周年を飾った大月みやこ

出典:blog.us-inc.net

デビュー50周年を飾った大月みやこ

さすが大御所の貫禄です。50年歌い続けるのは並大抵ではない。昨年10月、東京・渋谷公会堂にて。

ファンへの感謝を歌で返す大月みやこ

出典:blog.us-inc.net

ファンへの感謝を歌で返す大月みやこ

昼夜2公演で4,000人がつめかけた。本人は大喜び

名曲を熱唱する大月みやこ

第34回日本レコード大賞を受賞曲『白い海峡』などを熱唱。

大月みやこのすべてが集結

出典:cdn.666-666.jp

大月みやこのすべてが集結

デビュー50周年を記念して、シングル大全集を発売。ファンが待ち望んだボックスだ。

50周年の重みを噛み締める大月みやこ

出典:www.jyukunen.net

50周年の重みを噛み締める大月みやこ

苦労人なだけに重みのあるコメントを残している。

【大月みやこコメント】
「本日のこのステージに、うれしいやら恥ずかしいやらの50という大きな冠をつけていただきました。デビューしていつの間にやら50という年月を通過することになりました。今日は、うれしい、うれしい50という数字を感じながら皆さまとご一緒できることがとても幸せです。いろんなことがあったような気がしますが、どの一年をとりましても大月みやこ、とっても幸せでした。それにも増して今日が一番幸せでございます」

出典:大月みやこ、デビュー50周年記念コンサート開催 - 明日の演歌

【堀川直貴コメント】
締めくくりは、これも名曲!!
第29回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した「女の駅」。
最後の早替えは、髪が下ろしてあって、余計にかっこよかったです。素敵でした。
迫力が物凄くて、最後の最後で、また感動してしまいました…。
あっという間の2時間。
たっぷりと歌に酔いしれたコンサートでした音譜
今もなお、第一線で活躍されている大月さん…、凄かったです!!
やっぱり、演歌って最高ですね

出典:『大月みやこさん「50周年記念コンサート」』

後輩演歌歌手からはレポート風のコメントがあがっていました。

【市川由紀乃コメント】
大月先輩、そして、お世話になりました舞台スタッフの皆さま、ありがとうございましたビックリまた、会場からアツい応援を下さいましたお客さま、ファンの皆さま、心から感謝いたします。
大月先輩の手の温もり…。
エンディングで、私の手を握って下さった時、涙が溢れました。
今でも胸がいっぱいです…。

出典:市川由紀乃『デビュー50周年記念コンサート♪』

コンサートに出演した後輩歌手からのコメント。後輩を気遣うあたりなど、さすがは大物。余裕がありますね。

50周年の新曲『女のかがり火』に特別な思いを抱いた大月みやこ

新曲『女のかがり火』のヒット祈願をする大月みやこ

出典:m.sponichi.co.jp

新曲『女のかがり火』のヒット祈願をする大月みやこ

デビュー50周年を記念して発売された新曲『女のかがり火』のヒット祈願で、京都市左京区鞍馬の由岐神社を訪れた。

3:16 大月みやこ『女のかがり火』

大月みやこ『女のかがり火』

こちらが50周年記念の新曲。半世紀を経て、心機一転という感じなのでしょうか。力がこもっています。

大月みやこのコンサートでも盛り上がる代表曲をご紹介!

13:38 大月みやこ「 女の港」

大月みやこ「 女の港」

デビュー20年目にして、初のヒット曲。この曲を足がかりに紅白→人気歌手→50周年へとステップを踏んでいった。

2:48 大月みやこ「白い海峡」

大月みやこ「白い海峡」

第34回日本レコード大賞を受賞曲。大月みやこの繊細さと迫力を引き出した名作。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング