【VOGUE編集長】アナ・ウィンター、年間ファッション手当は2千万円以上!?【映画のモデルにも】

映画のモデルにもなったアメリカ版『VOGUE』編集長のアナ・ウィンター。 彼女の年間の被服手当が高額だと話題に。 それに対するTwitterでの反応をまとめました。

ファッション界の重鎮、アナ・ウィンター

アナ・ウィンター OBE(Anna Wintour OBE)は、イギリス出身のファッション雑誌編集者。

アメリカ版『VOGUE』

1988年から、アメリカ版『VOGUE』の編集長を務める。
2008年、長年のファッション界への貢献が評価され、大英帝国勲章(OBE)を授与されている。

あの映画のモデルになった人物?

映画『プラダを着た悪魔』

ジャーナリスト志望の主人公が悪魔のような最悪の上司の下で直向きに頑張る姿を描いた物語。
同名小説が原作。

メリル・ストリープ

アナ・ウィンターは、メリル・ストリープが演じる「悪魔のような最悪の上司」のモデルとなった人物といわれています。

原作者のローレン・ワイズバーガーは、原作と同様に1年間彼女のアシスタントを務めており、この実体験がもととなって作品を執筆したとされています。
ただし、原作者はこれを否定しています。

アナ・ウィンターは、この映画を観て激怒したそうな。

年間の被服手当

「The New York Times」紙によると、「VOGUE」編集主任を務めるアナは年間20万ドルもの被服手当を受け取っており、社を代表して3,000ものファッションショーに出席したという。

出典:「VOGUE」アナ・ウィンター、被服手当は2,000万円超!(cinemacafe....

20万ドルって、かる〜く2千万円を越えています。。
パッと聞くと高過ぎるような気もしますが、世界を代表するファッション誌ですもんね。
高いんだが安いんだかよく分かりません(笑)

ネットでの意見はいかに!?

そこで、Twitterでの意見を抜粋してみました。

指南役@cynanyc

むしろ安っ!な印象。まー相当自腹も切ってるだろうし、提供服もかなりあるかと。/「VOGUE」アナ・ウィンター、被服手当は2,000万円超!(http://t.co/vyR0iq8pbr) - Y!ニュース http://t.co/KE7TcnQpga

Masahiko Tanaka@taanaka

それでも足りないくらいとか。 / 「VOGUE」アナ・ウィンター、被服手当は2,000万円超! | シネマカフェ http://t.co/LrSg2crTbI http://t.co/QYULrNKjSK #NewsPicks

シーシャカフェTRIBE.学芸大学@TRIBEgakudai

東急東横線 学芸大学のシーシャ(水タバコ)カフェバー TRIBEです。今宵も「VOGUE」アナ・ウィンターの被服手当は2,000万円を超えているらしいのですが、個人的には月に160万円ぐらいなわけで、それじゃ足りないので自腹でもっと買ってるんじゃないかなと思いながら営業してます

筆者の予想に反して「むしろ安いのでは?」という意見が多数見受けられました。
世界のファッション界をリードしている人物だけに、妥当か少ないくらいの手当なのかもしれませんね。
現在64歳ということですが、これからも「鬼編集」の名を世界に轟かせて欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング