番組内でガチ喧嘩!?鈴木みのるvs秋山成勲!

プロレスラーの鈴木みのるさんが、SMAPの中居正弘さんの番組「ナカイの窓」で秋山成勲さんとガチ喧嘩(?)を繰り広げたってホント!?

「ナカイの窓」でガチ喧嘩勃発!?鈴木みのるvs秋山成勲

怖っ!鈴木みのるがガチ喧嘩したってホント!?

出典:www.njpw.co.jp

怖っ!鈴木みのるがガチ喧嘩したってホント!?

かな~り強面のプロレスラー鈴木みのるさん。
プロレスラーとして活躍する彼ですが、なんと中居正弘さんの番組「ナカイの窓」でガチ喧嘩を繰り広げちゃったとの噂が…

喧嘩の相手は総合格闘家の秋山成勲

秋山成勲さんもすごい迫力。
総合格闘家だけあって体もかなり鍛えてますね。
そんな二人がガチ喧嘩って…気になります!

内容としては、収録の休憩時間に小峠さんだけに
10分遅れて伝えており、1人だけ遅れて
スタジオに登場するというもの。

最初のきっかけは俳優の今井雅之さんがブチ切れ!
司会の中居正弘さんが、小峠さんに謝罪の意味を込め
あのギャグをやっておけばと進めて

「何て日だ!」

というも、雰囲気が変わらず。

出典:ナカイの窓、鈴木みのると秋山成勲のケンカの結末は?意外な真相が! | 何気ない日常への思い

鈴木みのると秋山成勲の喧嘩は、小峠の「なんて日だ!」で火がついた?

小峠さんの持ちネタギャグ「なんて日だ!」
雰囲気をなごまそうと発しても、場を悪くするだけでは…

その後に秋山成勲さんが小峠さんに怒りをぶつける際に、
鈴木みのるさんが止めに入ろうとする。

出典:ナカイの窓、鈴木みのると秋山成勲のケンカの結末は?意外な真相が! | 何気ない日常への思い

司会者でもあるSMAPの中居くんが懸命に止めようとするが、


ついには鈴木みのるが「表に出ろ!」と秋山を挑発すると、


秋山もそれに乗り、「上等じゃねえか!」と舞台袖へ。。


周りの芸能人は唖然。


バイきんぐの小峠は二人を止めたくても怖くて間に入れず、周りをうろうろ。笑


結局なんとか事なきを得ましたが、ヒヤヒヤものの展開でした。

出典:ナカイの窓で秋山成勲と鈴木みのるが大乱闘の大喧嘩!真相は?: 芸能人に詳しくなりたい!!

鈴木みのるのプロレスファンは察しがついた「やらせ感」

鈴木みのる、プロレスファンは察しがついた場の流れ

出典:spnavi.c.yimg.jp

鈴木みのる、プロレスファンは察しがついた場の流れ

プロレスはある意味「台本有りの喧嘩」。
やらせと言うと聞こえが悪いですが、「ナカイの窓」も同じ流れが…

ふたりはヒートアップするばかりで、
見かねたゲストの花田勝が仲裁に入るものの意味なし。

ついに鈴木が我慢できなくなり、「表に出ろ」と発言。
これには秋山も「上等だ」と答えて、スタジオを出る…。

その後、乱闘という流れなのだが、
これはとあるジャンルでの常とう手段である。

勘のいい人・そのジャンルのファンなら、
紛れもなく二人の喧嘩が“演技”であることを理解できるだろう。

テレビ的に言ってしまえば、
“やらせ”と言っても過言ではない。

出典:「ナカイの窓」で秋山成勲と鈴木みのるが大喧嘩→“ヒント:プロレ...

番組をみていた鈴木みのる・プロレスファンはすぐに察しがついた流れだったのかもしれませんね。

実はドッキリ企画での喧嘩だった鈴木みのると秋山成勲

実はドッキリだった鈴木みのると秋山成勲のガチ喧嘩

鈴木みのるさんと秋山成勲さんの喧嘩は、実は番組内で小峠さんを驚かせるためのドッキリだったそうです。
シャレにならない怖さだったでしょうね~

しかし、この事件の真相は、


バイきんぐの小峠さんに対するドッキリでした!


確かに、二人の乱闘で一気に番組は盛り上がり、またその場面が予告映像に使われたことで視聴率も5%以上伸びたという噂。


視聴者としてはヒヤヒヤしましたが、大変面白い番組でしたね!

出典:ナカイの窓で秋山成勲と鈴木みのるが大乱闘の大喧嘩!真相は?: 芸能人に詳しくなりたい!!

この鈴木みのるさんと秋山成勲さんのガチ喧嘩ドッキリが面白かったという声もありますが、一方で批判も起こっていました。

演技でキレる鈴木みのるに小峠さんもタジタジ?

自分のせいで番組が荒れてしまったのは、ドッキリと言えど、小峠さんが可哀そすぎるとの声も。
ガチ喧嘩を繰り広げられるよりも、笑えるようなドッキリだったらよかったのかもしれませんね~

小峠さんはただただ謝り続けるしかない状況に、
スタジオがドッキリとはいえ凍りついていましたね。
そして、最後に小峠さんにドッキリと伝えられる。

100人近い芸能人の拍手で終了するも、
その後の収録も、小峠さんはなんだか
元気のないような雰囲気でしたね。

さすがにあそこまでやられると・・・


ネット上の反応としては、
「やりすぎではないのか!」
「とても見ていられなかった・・」
「チャンネルかえた」
「ある意味、放送事故じゃねえ?」
と、ちょっと批判的な意見が多かったように思います。

出典:ナカイの窓、鈴木みのると秋山成勲のケンカの結末は?意外な真相が! | 何気ない日常への思い

ちょっとやりすぎだったかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング