【朝ドラ・昼ドラ】名脇役女優:筒井真理子について調べてみた【花子とアン】

花子とアンの怖い女中、山元タミ役で注目を集めた女優・筒井真理子。今回の怖い役柄だけでなく様々な役柄を演じるカメレオン女優について調べてみました。

花子とアンの怖い女中頭でおなじみの脇役女優

朝ドラ「花子とアン」嘉納邸の女中頭を演じる筒井真理子

出典:pbs.twimg.com

朝ドラ「花子とアン」嘉納邸の女中頭を演じる筒井真理子

仲間由紀恵が演じる蓮子が嫁いだ福岡の嘉納伝助邸。そこで女中頭をしているのが筒井真理子演じる山元タミ。

蓮子へのイヤミや二人の対決など、とても嫌な役として話題になった。

「花子とアン」に出演している筒井真理子に自身が演じている役柄について聞くと筒井真理子は町で買い物している時に「花子とアンで怖い女中の人」と言われたと明かした。

出典:スタジオパークからこんにちは|2014/07/03(木)放送 | TVでた蔵

街中で声をかけられてしまうほど、見る人に鮮烈にキャラクターの印象を残した。筒井真理子の演技力の高さを物語るエピソードである。

そんな悪役で話題になった筒井真理子のプロフィール

筒井 真理子(つつい まりこ)

山梨県甲府市出身
10月13日生まれ
身長162cm
AB型

1982年早稲田大学在学中に、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。
その後、映画、テレビドラマ、CMと活躍の場を広げている。
学生時代にフルート演奏、フィギュアスケート競技を経験している。
趣味は読書、映画鑑賞、観劇。

出典:■筒井真理子オフィシャルホームページ■

行動力のある一面も

1981年、青山学院大学在学中に、当時早稲田大学演劇研究会で旗揚げしたばかりの第三舞台の公演を見て感銘を受ける。本番中にも関わらず楽屋を訪れて「入れてください」と直訴するが、スタッフに追い出される。翌1982年、早稲田大学を受験し直し、晴れて第三舞台に加入、初舞台を踏む。以後、同劇団のほとんどの作品に出演。

出典:筒井真理子 - Wikipedia

名バイプレーヤー(脇役俳優) 筒井真理子

出典:pbs.twimg.com

名バイプレーヤー(脇役俳優) 筒井真理子

気品ある女性の役から悪女役まで見事に演じて見せる度量の広さは高く評価され、「カメレオン女優」と呼ばれ活躍している

今までに出演してきた作品

昼ドラ「貞操問答」

2005年、TBS系列にて放映された昼ドラ
前川綾子(メデゥーサ)役
「卑劣な性格で人をいたぶる事を楽しみとしている」という悪女役
強烈なキャラクターで世間の話題を呼んだ

ドラマ「ラスト♡シンデレラ」

2013年4月~6月にかけてフジテレビにて放映されたドラマ。
三浦春馬演じる佐伯広斗と菜々緒演じる大神千代子の母親、大神瑠璃を筒井真理子が演じた。

「ニートオブ・ザ・デッド」出演時の筒井真理子

出典:pbs.twimg.com

「ニートオブ・ザ・デッド」出演時の筒井真理子

現在の出演

NHKドラマ「聖女」

2014年8月19日より毎週火曜日22:00 - 22:48に、NHKで放送されているテレビドラマ。
「花子とアン」の山元タミ役とは打って変わって、「ものすごく優しいお母さん」を演じている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング