田中律子、15年間の円満な結婚生活の後、離婚したわけとは!?

カメラマンとの結婚以来、幸せに暮らしていると思っていた田中律子さんが、2012年突然の離婚!その理由をさんま御殿で語っていたので、結婚から現在までを調べました。

田中律子という人

2年前の2012年に離婚を発表したことで波紋を呼んだ田中律子さん。みなさんはこの人のことを覚えていますか?

女優田中律子が離婚した!

女優田中律子が離婚した!

デビュー当初からテレビや映画、CMなどで活躍し、あるときはグラビア、あるときは歌手デビューもするなど、マルチな才能を持っている女優です。
しかし最近ではあまりテレビで見かけませんよね。でも女優業も細々と続けているようです。
目立った役ではなく、あまりブレイクしていない「水曜ミステリー」などのドラマなどでチョイ役として出ています。

デビュー当時の田中律子

デビュー当時の田中律子

アウトドア派として知られる田中律子さんはダイビングが大好き!初めて海に潜った14歳のとき、「まさに竜宮城のように思った!」と海の美しさに憑りつかれたようです。環境問題で消えていくサンゴに心を痛めてか、サンゴ礁の再生活動も行っていて、多忙な中、サンゴ礁を守り育てる「NPO法人アクアプラネット」の理事長も務めているんだとか。

アウトドアな田中律子とその娘さん「ハワイで誕生日!」

アウトドアな田中律子とその娘さん「ハワイで誕生日!」

このように「やりたい!」と思ったことは女優業に関わらずどんどんやってみる田中律子さん。強い意志を感じますよね。
その強さは幼少時代から秘めていたようです。高校時代、校則が厳しく髪を結わなければいけないという決まりがあったそうなのですが、律子さんは断じて結おうとはしなかった。先生に「学校をやめるか、髪を結ぶか!」と二択を迫られたところ、あっさり高校中退を選んだとか!!この選択が良かったのか、悪かったのか、それは分かりませんが、彼女の秘める強い意志を感じずにはいられませんよね。

「NPO法人アクアプラネット」と活動中の田中律子

「NPO法人アクアプラネット」と活動中の田中律子

田中律子の結婚生活

そんな田中律子さんは1997年に妊娠が分かりカメラマンの杉本学と晴れて結婚をしました。いわゆる出来ちゃった婚というものでしょうか。

そしてその15年後の2012年に離婚をしたのです。子どもは14歳、最も多感な時期のことです。15年も続いた結婚生活を、なぜ今さら離婚?と不思議に思いません?

円満な生活を送っているかに思われた田中律子、なぜ離婚!?

円満な生活を送っているかに思われた田中律子、なぜ離婚!?

田中律子さんは「島崎和歌子さんに仕事で会った時に"律子さんにだけは離婚してほしくなかった"って言われて。何だそれ、みたいな」「ずっと"仲いいです"って言ってきたし」「学校の人達も誰一人離婚すると思ってなかったと思う」などと、仲の良い夫婦を演じていたと発言しました。

出典:シングルマザー田中律子「今楽しい。モテるから。モテ期が来てる」と発言。年頃の娘を抱え...

離婚の理由の一つに、「一緒に趣味を楽しめなかったから」という気持ちがあるみたいです。
田中律子さんは先ほども述べたようにスキューバダイビングが好きですし、トライアスロンをするなどアウトドア派ですよね。ところが旦那さまの杉本学は家でまったり過ごしたいインドア派だったようなのです。

趣味が正反対だから…。そんなことで離婚~!?寄り添いあって、趣味くらいお互いに譲り合えばいいのにー!と思ってしまうところですが、先ほど話したように、田中律子という人は何せ強い意志の持ち主ですから、きっと「合わない!!」と思ったらそれ以上合わせることはできないくらい素直なのでしょうね。

では何故強気な律子さんがさっさと離婚せず、15年も先延ばしにしてしまったのでしょうか?
明石家さんまがMCを務める「踊る!さんま御殿!!」で、田中律子さんはこう告白していました。

田中律子さんは「ずっと悩んでいて。仕事も"いい奥さん"という(イメージの)仕事ばっかりだったから。ここで離婚なんて絶対できないよなって・・・(悩んでいた)」と話していました。

出典:シングルマザー田中律子「今楽しい。モテるから。モテ期が来てる」と発言。年頃の娘を抱え...

芸能界って、イメージの問題など、本人の意思に反したことがいろいろとあって大変なのですね…。

そして田中律子離婚後の生活

パラオのサンゴ礁を見学にきている田中律子

パラオのサンゴ礁を見学にきている田中律子

「結婚はもういいなって…」と語る田中律子さん、今は独身生活を楽しんでいるようです!
田中律子オフィシャルブログを拝見していると、娘さんが現在イギリスに留学へ行っているようなことが書いてあります。今は娘も旦那もおらず、一人っきりで羽を伸ばし、自由気ままな生活を楽しんでいるのでしょうかしらね。「今楽しいし、もてるから」と明るく話す姿が印象的です。
サンゴ礁の再生にも忙しいことでしょうし、これからも自由奔放に頑張ってもらいたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング