【悪人から】脇役を数多くこなす神保悟志の出演ドラマ【善人まで】

数々のドラマに脇役を中心に出演する俳優・神保悟志の出演ドラマをまとめました。特に昼ドラに多く出演している俳優だが、今年9月からスタートする昼ドラへの出演も決まっています。

悪人から善人までこなす名脇役俳優

神保 悟志(じんぼ さとし)

生年月日 ・1962.12.3.
 
身長体重 ・T 177cm / W 70kg
 
サイズ ・C104cm/W80cm/H93cm
 
出身 ・静岡県
 
特技 ・総合武術・馬術・英語・野球・ゴルフ
 
資格 ・限定解除・普通自動車・歯科技工士

1990年頃から数々の作品に出演し、役者としての地位を確立する。主に脇役で刑事から犯人役まで幅広くこなすが、クールなビジネスマン、キャリア官僚、冷徹なエリート役には定評がある。特に『相棒』における大河内監察官は神保にとって当たり役となった。その他『仮面ライダー龍騎』、『牡丹と薔薇』『新・風のロンド』などに出演した。

出典:神保悟志 - Wikipedia

おなじみのキャラがこの人

『相棒』シリーズの大河内監査官

テレビ朝日・東映の制作でシリーズ化されている刑事ドラマ、『相棒』シリーズ。
神部悟志は、警視庁警務部首席監察官の大河内春樹 役を演じ人気になった。
神保悟志の代名詞といっても過言ではない役柄。

作中で大河内監査官がよく食べているラムネ

テレビ朝日の公式グッズとして販売されているんだとか。
グッズにもなるほど人気のキャラクターだということがうかがえる。

そのほか多数のドラマに出演

2014年春には立て続けに人気ドラマにゲスト出演

死神くん 第2話(2014年4月25日) - 黒川弘樹 役

ゲスト出演。同じくゲストで出演した林遣都の上司役でした。

花咲舞が黙ってない 第3話(2014年4月30日) - 須賀住男 役

蒲田支店の支店長役でゲスト出演しました。

月曜ミステリー劇場(TBS系列)や土曜ワイド劇場(テレビ朝日系列)などミステリーやサスペンスにも数多く出演している。犯人から刑事まで幅広く演じられる役柄ゆえだろうか。

ミステリーやサスペンスにも数多く出演

月曜ミステリー劇場(TBS系列)や土曜ワイド劇場(テレビ朝日系列)など。
犯人から刑事まで幅広く演じられる役柄ゆえだろう。

昼ドラに出演すること多数

『温泉へ行こう』シリーズ

1999年から2005年にかけてTBS系列で全5シリーズが放送された昼ドラシリーズ。
神保悟志は第1~4シリーズで銀行マンである海堂慎也役を演じた。

また、このドラマでの共演がきっかけで現在の妻である鮎ゆうきとの交際が始まったとか。

『牡丹と薔薇』

2004年1月から東海テレビ・フジテレビ系列で放送され、当時社会現象にもなった問題作。
神保悟志は野島豊樹(ぼたん・香世の父、麗香の祖父)を演じた。

『さくら心中』の神保悟志

2011年1月からフジテレビ系列で放送された昼ドラ。
神保悟志は櫛山唯幸役(設定60歳代)を演じ、その演技力に注目が集まった。

今度の連ドラ出演も昼ドラ

『ほっとけない魔女たち』

2014年9月1日からフジテレビ系列で放送予定の昼ドラ。
主演は浅野ゆう子。
神保悟志は、浅野ゆう子演じる有沢夏江の幼馴染の林晃司役で出演する。

9月から始まる新番組では“普通の人”を演じる。
「今回は普通の商社マン役。昼ドラの神保というイメージとはかなり違いますよ」

出典:NEWSポストセブン|昼ドラ出演の神保悟志 「この人スゴイ」と共演女優と結婚│

女性セブン2014年9月4日号のインタビューより。脇役ながら鮮烈なイメージを残すことの多い神保悟志だが、普通の人も演じられる実力には驚かされるばかりである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング