第一線で活躍し続ける声優、田中真弓の出演作を振り返る

声優デビューから30年以上経ってもいまだ第一線で活躍し続ける田中真弓の活躍を振り返ります。

田中真弓、本業は女優

あくまでも本業は女優

声優としての活動が多く、世間的にも声優として知られているであろう田中真弓ですが、本業は女優だそうです。現在も、劇団でお芝居をしています。

声優としての田中真弓

本業が女優の田中真弓ですが、やはり声優としての活動が目立ちますよね。それでは、田中真弓が声優として出演した作品をいくつか振り返ってみましょう。

モンキー・D・ルフィ(出演作:ONE-PIECE)

これぞ田中真弓の代表作

これはだれもが納得するであろう田中真弓の代表作ですね。
1999年からアニメの放送が始まり、それ以来幅広い層からの支持を集めています。

田中のルフィへの思いは非常に強く、中でもファンにとって衝撃的だった、「兄・エースがサカズキ元帥(赤犬)に殺されるシーン」の収録現場は、緊張感に満ちていたという。
「普段は明るい田中さんが、その日は口数も少なかったようです。エースが殺されるシーンでは、リハーサルの時からマイク前で涙を流して演技をしていたそうですよ。ほかのキャストも、田中さんの迫真の演技に圧倒されて、涙をこらえるのに必死だったんじゃないですかね」

出典:『ワンピース』大ヒットの裏に、ルフィ役・田中真弓の“船長”と...

ルフィは田中真弓本人にとっても非常に思い入れの強い役であることがわかりますね。

クリリン(出演作:ドラゴンボールシリーズ)

初期からずっと登場しているおなじみのキャラ

500話以上あるドラゴンボールのアニメシリーズで、第14話から登場している、主人公孫悟空の大親友、クリリンを演じていました。
また、現在放送中のドラゴンボール改では、音声を再録しているため、現在もクリリンを演じています。

パズー(出演作:天空の城ラピュタ)

現在もテレビで放送される名作

1986年公開の映画『天空の城ラピュタ』ですが、現在でもテレビで度々放送されています。そのため昔の作品であるにもかかわらず、大人から子どもまで多くの人に知られています。

坂本 勝平(出演作:ダッシュ勝平)

声優活動初期の主演作

1981~1982年に放送されていたため、若い人はほとんど知らないと思いますが、昔からアニメを見ている人には、田中真弓の代表作といわれるとダッシュ勝平を思い浮かべる人もいるようです。

人気バラエティ番組のナレーションも

クイズ!ヘキサゴン・クイズ!ヘキサゴンⅡ

2011年まで放送されていた、クイズ!ヘキサゴンのナレーターをつとめていました。ゴールデンタイムで5年以上放送されていたので、アニメを見ない人にもお馴染みの声となりました。

「元祖!でぶや」にてナレーターを

2003年から2008年まで放送されていたグルメバラエティ番組でもナレーターをつとめていました。

アニメに限らず様々な方面で自分の声を伝えている田中真弓は国民的声優ですね。

いつまでもその力強い声を聞きたい

声優を始めてから30年以上が経つ田中真弓ですが、その声の力強さは全然衰えを感じませんね。ONE-PIECEは完結までまだまだ時間がかかりそうですし、いつまでもその力強さを維持してもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング