【衝撃作品】美術家・会田誠が描く作品「犬」への評判

会田誠の話題作「犬」シリーズ、この作品に対する評判はどのようなものがあるのかまとめました。

会田誠はどのような絵を描く人なのか

「取扱注意の作家」とも言われる会田誠

出典:book.asahi.com

「取扱注意の作家」とも言われる会田誠

会田誠の作品《ジューサーミキサー》

出典:pds2.exblog.jp

会田誠の作品《ジューサーミキサー》

おびただしい数の女性がミキサーに…

下に行くほど赤くなるのは血でしょうか。。

会田誠の作品《ジャンブル・オブ・100フラワーズ》

こちらも裸体の女性がたくさん。
そしてかなりでかい作品なのが分かりますね。

性描写・グロ・暴力など、世間に受け入れられにくいテーマの作品が多い印象です。

会田誠の「犬」という作品

とりわけびっくり仰天した‘作品’は「犬」と題された6連のものです。全てのモチーフは四肢を切断され、その断端には薄く血がにじむ包帯が巻かれた裸体の美少女が犬の首輪に繋がれてさまざま姿態を取ってほほえんでいる。

出典:参考「会田誠展...

犬(雪月花のうち“雪”)

雪の降る中、雪だるまを見て微笑む少女。

犬(雪月花のうち“月”)

出典:img6.zozo.jp

犬(雪月花のうち“月”)

こちらは少し悲しげな印象の絵ですね。

犬(雪月花のうち“花”)

切断された部分が痛々しいです。
グロく残酷な絵ですが、繊細なタッチで描かれているのがよくわかりますね。

犬(野分)

会田誠の作品「犬」は連作。

作品に対する批評

切断された手足は痛々しく残酷で、少女が裸体であることも未成年にはどうなんだろう、ということで、世の中からは受け入れられにくい作品だと思うのですが、この作品に集まった評価はどのようなものなのでしょうか!

四肢切断されたことに意味や必然性がない。戦争であるとか凌辱であるとかの社会問題を背景にしているとは思えない。そしてその少女が嬉しそうにしている。痛みへの感受性がない。
これは性的な視線で作られ、そこに性差別を顧みようとする姿勢が感じられない。首輪をつけられ監禁されていることを喜ぶ(従順)というのは、自由の剥奪であり加害者の勝手なスタンスである。支配、暴力、服従、凌辱の肯定に過ぎない。若い、美少女であり裸であるということが、性的欲望の対象としてのみ利用されている。

出典:森美術館の会田誠氏の作品展示はひどい-ソウル・ヨガ(イダヒロユキ)

1989年には既に女性や女性を象徴するモノの四肢切断イメージが存在していたようですが、今や四肢切断の少女のモチーフはポルノサイトでは一つのジャンルとなり、過激に進化の一途をたどっているようです。ポルノサイトのモチーフが森美術館という表の大舞台に躍り出て来た、そんな印象で仰天したのです。

出典:参考「会田誠展...

反社会的だったり、非常識だったり、物議を醸したり、人の心を逆なでしたり、良識的な人の眉をひそめさせたり、そういうものを「あえてやる」ことは「芸術表現」の一手段として大昔から成立してる。そういう「正義の人からの抗議」は作者側にとっても主催者側にとっても「織り込み済み」だと思います。むしろこうして物議を醸すと却って「アートとして箔がつく」ので、実はこの手の「芸術表現」に本当に抗議したければ「無視」が一番効果ある。良い意味でも悪い意味でも、人の心に波風を立てられないものは「芸術表現」として失敗だから。

出典:「会田誠 天才でごめんなさい展」をめぐるいざこざ - 別館・2013年編

彼は世間に考えるきっかけを与えたに過ぎない。

出典:diamond.jp

彼は世間に考えるきっかけを与えたに過ぎない。

本当に気持ちが悪い、気色悪いのに、雪や月光、桜の中の彼女の美しさにはっとして見とれてしまった。表情や、温かみある肌の質感。あれ?この作品好きかも。「きもちわる!」って拒否してきたけど、ちょっと待って。コンセプトとか発想とか面白いのもあった。「犬」を機に、気になるアーティストに。彼はどんな狂った人なんだろうと思いながら観に行ったドキュメンタリー映画「≒会田誠」。真摯に作品に取り組む姿にむしろ好感度アップ。決して狂ってることはありませんでした。犯罪者の香りもしませんでした。先入観、ごめんなさい。

出典:会田誠氏のこと。 | sternschnuppe☆

意外なことに、マイナスの評価はあまりされていないんですね!児童ポルノ的な観点からはよく思われていないかもしれませんが、展示会のときにはゾーニングをしていたらしく、見たくない人は見ずに済むよう配慮されていたんだとか。
純粋に美術作品としての評価は高いようです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング