【カープを優勝させ】来年メジャーに挑戦する意志を表明している前田健太【メジャーへ?】

プロ野球も後半戦に入り、チーム・個人の成績がとても気になる時期になってきました。今オフで話題の中心になるであろう彼を見てみます。

日本球界のエース前田健太

沢村賞を始めとして、投手として数々のタイトルを獲得

PL学園の先輩でもある桑田投手とピッチングスタイルなども似ていたため、「桑田二世」とも呼ばれていた。
2013年のWBCでは、田中将大とともにダブルエースとして活躍をした

WBCなどで日本代表としても活躍をしている

ダルビッシュや田中などが抜けた日本球界では、彼が投手一番手といっても過言ではない。

そんな彼が来年メジャーに挑戦することを表明した?

同い年のライバルもメジャーで活躍をしているが

かつては「ハンカチ世代」と呼ばれていた、88年生まれの選手たち。
今年前半、マー君が大活躍したこともあって、挑戦意欲が高まっているのでは?

公私ともに中の良いマー君の影響はやはり大きい?

今シーズン終了後は、確実に注目ですね!!

「あこがれがない、いきたくないと言えば嘘になる。野球人生は一度。一番いいときに挑戦したい。チームに恩返しできる形がベストだと思う。今季は、200イニングも投げられなかったし、そのためにも来季は最高の結果を残したい」

出典:広島がマエケンをメジャーに送り出す理由 | THE PAGE(ザ・ページ)

13年末に行われた契約更新では、2年連続でメジャー朝鮮の意志を表明している。

2014年カープに残ることを表明しているが、その後についてはやはり

前半戦が終わりいい位置につけている広島カープ。
優勝したら確実にメジャー挑戦を表明しそうです。

ところで、マエケンはどんな評価を受けているのか

先発投手の4番手という評価

3番手までには入れていないみたいです。

微妙な立ち位置です。

「プラス、アベレージ、マイナスの3段階評価でマエダを見た場合、ほぼすべての球種がアベレージ評価となる。ストレートの球速も140キロ台、多彩な変化球があるとはいえ、キレや精度の部分でスライダーやカーブ、チェンジアップは米国のアベレージ。スプリットに関してはまだ完全に自分のものにできておらず、メジャーでトップクラスのタナカとは差がある。日本ではプラス評価の球種もメジャー投手との比較ではどうしても平均的といわざるを得ない。彼にはもう少しピッチングのバリエーションが必要かもしれない」

出典:マエケンに一部メジャー球団がシビアな評価「平均レベル」

日本ではトップレベルであっても、メジャーでは、普通とは。
厳しい評価。

MIZU#7@鯉垢@d7i30n34

2年後カープ見に行こうって思ってるけどさ、まずマエケンいない可能性高いんだよね(´・_・`) しょげる(´°ω°`)

投球以外にも注目を集めるマエケンダンス

1:16 前田健太とマエケン体操 2014オールスター

前田健太とマエケン体操 2014オールスター

オールスターでも抜かれるとはww
これも彼の代名詞ですね。

アツシ@arktrk

マエケンダンスみたいな演出は他にもないものかな。

れべすー@rebesuu

マエケンダンスしてたら肩こり解消しました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング