セクハラヤジ、号泣議員の次は・・・・”暴漢狂言議員”!!!

2014年なにかとお騒がせな議員さん方。セクハラヤジ、号泣、ついには狂言??!どういうことなのか調べてみました。

2014年は怒涛の年です。

10:44 東京都議会 塩村あやか議員の質疑中に野次 フルバージョン

東京都議会 塩村あやか議員の質疑中に野次 フルバージョン

2014年7月1日


野々村竜太郎議員による号泣会見が開かれる。

6:40 検証。号泣会見。兵庫県議会、野々村竜太郎(47)大泣き。

検証。号泣会見。兵庫県議会、野々村竜太郎(47)大泣き。

日本大丈夫なのかな・・・

そして7月30日、ある事件が狂言だったという疑惑が。

ある事件とは、


議会での発言を翌日に控えた市議が暴漢に襲われ、一時は意識不明になっていたというもの。

入院した議員は発言機会を奪われるという、前代未聞の凶悪事件といえます。

被害者の辻内裕也市議

出典:pbs.twimg.com

被害者の辻内裕也市議

事件の詳細は?

事件が起こったのは2014年3月3日。


夜9時15分ころのできごと。

現場は自宅隣の駐車場


写真はイメージです。

突然2人組の男から腹部に暴行を受ける。


粉末のようなものを顔に近付けられたそう。

妻が消防と警察に通報。病院搬送。


症状としては、けいれんと過呼吸がひどかったらしい。

翌4日、辻内氏は本会議で発言する予定だった。


しかし、この事件でその機会は奪われた格好に。

本人には心当たりも。


「通り魔だと思いたいが、議員をやってると人の恨みは買う。警察にも背後関係を聞かれた。田舎の地方議会なので、いろいろある」とコメント。

この事件に待った!の声。

市議や議会事務局職員の間で「事件は狂言ではないか」という噂が上がっている。


疑問視されていることは2点あります。

疑問①驚異の回復ぶり

数日後に議会の廊下で会ったときには『よっ!』とあいさつ

「議員が発言機会を奪われるなど、議会制民主主義であってはならない事態。4日に見舞いへ行こうと病院の事務長に電話をしたら『面会謝絶で、見舞いはできない』と言われた。なのに、同じ日の昼には退院したそうです。数日後に議会の廊下で会ったときには『よっ!』とあいさつされて元気に歩いてました」

出典:号泣の次は…「暴漢狂言」疑惑の市議を直撃(東スポWeb) - Y!ニュース

伊藤研司市議(65)のコメント。

疑問②以前にもこのようなことが・・・

2011年6月にも議会での発言の前日に病気で入院されて、翌日には退院。


議会発言前日の入院で欠席が2度も続いたことが怪しいと考えられている。

犯人はまだ捕まっていないため、真実はわかりませんが・・・

これがもし狂言だったら、記憶に残る議員事件になること間違いなし!


どう発展していくか気になります!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング