【オペラ、書道、絵画】深見東州(半田晴久)【幅広い芸術活動でみせる万能ぶり】

芸術家や音楽家、画家など、幅広く芸術活動をしている深見東州。ほかに公益活動や実業家、評論などの活動を行うときは本名の半田晴久として活動している。様々な活動を名前を変えながら行っているバイタリティ溢れる人物だが、今回は深見氏の芸術活動にスポットをあててみた。

オペラ歌手・深見東州

オペラ『リゴレット in ジャパン』

出典:toshu-fukami.com

オペラ『リゴレット in ジャパン』

G・ヴェルディ作曲「リゴレット」の舞台設定を日本文化に置き換えた作品

オペラ『ゼウスの化身 怪人ドン・ジョバンニ』

女性遍歴を繰り返す自由奔放な生き方をするドン・ジョバンニと多くの人々が対立。しかし、ドン・ジョバンニは神・ゼウスの化身だった

オペラ『雛祭りのフィガロの結婚』

出典:www.ifac.or.jp

オペラ『雛祭りのフィガロの結婚』

フィガロとスザンナの結婚を阻むものとの戦い。果たして二人は結婚できるのか?

40歳から声楽を学び、46歳でオペラ歌手としてデビューした深見氏。並大抵の努力ではこの短期間でのデビューは難しいだろう。天才というしか他ならない。いまでは多くの作品をプロデュースし、自身も主演を務めている。

書道家・深見東州

『書の世界』

16歳の頃から田端曲全に師事。35歳より竹中青虎女史に学び、西川寧の孫弟子となっている。書についての本も出版している

「現代書家の名品」

この作品は大英図書館に永久所蔵されている

「幽玄」

オペラ歌手よりは書道家としてのキャリアは長いが、ここまでの腕はスゴイ

画家・深見東州

画家としても一流

絵画の総作品は1509作品、立体作品は63作品にものぼる

水をイメージした作品

出典:blogs.c.yimg.jp

水をイメージした作品

そう言われてみるとイメージが湧いてきますが独創的な絵です

『青龍神と緋鯉』

出典:h-handa.upper.jp

『青龍神と緋鯉』

絵画は35才より独学で始めた深見氏。仏画を浅井秀水女史、日本画と水彩画を犬飼得之氏、油絵と西洋画を松下友紀氏、水墨画を安永麦州氏、彫刻を荒川明照氏、陶芸を東紀代美女史に師事す

『弥生』

3月をテーマにした絵。このような絵も描くんですね、作風が違う。レパートリーも広いということですね

オペラ、書道、絵画、どれをとっても一流の腕前で、万能の天才と呼ばれる理由がよくわかりました。まさにその称号通り、並の人間では到底できないことを短期間で実現してしまっている。深見氏の活動を追えば追うほど、どんな人物だかわからなくなってしまう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング