【プロ野球】小久保監督率いる、侍ジャパンメンバーまとめ【夢はWBC優勝!】

先ごろトップチーム代表メンバーの記者会見が行われた野球日本代表・侍ジャパン。トップチーム6選手及び監督、期待の選手を紹介する。

侍ジャパン

野球日本代表 侍ジャパン

今後の世界大会を見据えて常設された野球日本代表チーム、通称「侍ジャパン」。今後の日本を引っ張っていくトップチームにはどんな選手がいるのか?

小久保裕紀(侍ジャパン代表監督)

不動の代表監督 小久保裕紀

2012年までソフトバンクでプレーをしていた小久保。過去の成績やリーダーシップを高く評価され、日本代表監督の座につく。選手からの信頼も厚い。

前田健太(広島)

日本を代表するエース 前田健太

昨年のWBCでも好投し、国内でも文句なしの成績を収めている前田。4年連続二桁勝利に、沢村賞をはじめとした数々の賞を受賞するなど大活躍をしている。前田の実力はダルビッシュからも高く評価されている。

金子千尋(オリックス)

安定感抜群のタフネス投手 金子千尋

前田に劣らない投手であり、パ・リーグのエース。威力のある直球と多彩な変化球で相手を手玉に取る。昨年は田中将大に陰に隠れがちだったが、沢村賞選考基準を全て満たした実力の持ち主だ。

嶋基宏(楽天)

日本屈指の捕手 嶋基宏

投手を巧みにリードし、打撃でもチームに貢献する名捕手。東日本大震災後の慈善試合でのスピーチ「見せましょう、野球の底力を」というフレーズは非常に有名。優れた人間性も魅力だ。

坂本勇人(巨人)

頼れる遊撃手 坂本勇人

巨人で絶対的存在の遊撃手。細い身体ながら長打力を併せ持ち、走攻守にハイレベルな活躍をする。甘いマスクで人気もあり、勝負強い打撃で日本の打線を牽引する。

中田翔(日本ハム)

破壊力抜群の打撃が魅力 中田翔

日本人離れしたパワーを持ち、本塁打を量産する和製大砲。近年は確実性の増したバッティングでチームに貢献する。4番候補としてチームを勝利へと導く。

糸井嘉男(オリックス)

天才的な珍プレーヤー 糸井嘉男

恵まれた身体能力を持ち、5年連続で打率3割超を記録している巧打者。守備や走塁でもトップ級のプレーを見せる。その一方で、同僚から「宇宙人」と言われるほど珍発言が多く、周りの者を困惑させる。

【番外編】大谷翔平(日本ハム)

将来の日本を担う期待の星! 大谷翔平

投手と野手の二刀流で球界に旋風を巻き起こしている大谷。前代未聞の活躍をしており、近いうちに日本代表に選ばれることだろう。そのときも二刀流で挑むのか!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング