プリキュア泣ける話。生天目仁美がかけるプリキュアへの思い

ドキドキプリキュアの主人公になった生天目仁美さん。プリキュアを見ている子供には知られていないことも多く、彼女がプリキュアにどれだけ気持ちをかけてたのかがわかります。

生天目仁美さん

『ドキドキ!プリキュア』で主人公「相田マナ/キュアハート」を演じた彼女、実は大きな子供や大人との事情もたくさん。

ドキドキプリキュアのキュアハートをやってるけど裏では・・・

多数の名義

生天目仁美(Hitomi Nabatame )=橙=手塚まき=シィーナ・コウ=野中みゅう=雛見風香=さくらはづき=吹雪桜=森りんご=夢篠さなぎ=向井葵=佐々露香

実は大量の大人向けゲーム・アニメに出演してるからこんなに名義がある。

出典:www.upsold.com

実は大量の大人向けゲーム・アニメに出演してるからこんなに名義がある。

もちろんポケモンやコナン、しんちゃんなどの大衆向けアニメにも出演してますが、大人向けゲームでの仕事も多いんです。

大量の大人向けゲームに出演。そんな不利な状況から彼女がプリキュアにかける思いとは・・・

プリキュアにかける想い

夢だったプリキュア

去年の今ごろもう仕事ができないかもと思う位体調を崩し毎日のように泣いていました。
芝居がしたいと強く思っていました。

どうにか最悪の状態から復帰し、今も時々またあの症状が出るんじゃないかと怖くなるけど、
あれがあったから、また一つ成長出来た気がします。

今まで、プリキュアのオーディション受けてみたいと思ってもスケジュールが取れなかったり
受けるまでに至らなかったり何より自分で無理だと決めつけていました。

出典:新プリキュアの声優に起用された生天目仁美さんのブログが泣ける

体調も悪い中で気づいた夢なんですね

でも、自分で無理だと思っていたら何も始まらないと思ったんだ。
芝居が出来なくなるかわからないという事を経験して、さらに強く思うようになった。

マネージャーに言いました。
『プリキュアのオーディションを受けたいんです。プリキュアになりたいんです。』

出典:新プリキュアの声優に起用された生天目仁美さんのブログが泣ける

落ちれば1年間スケジュールを開けたのが全てパァ。下手をすれば二度と大きな仕事をもらえないかもしれない。それでも目指したプリキュア・・・泣けます。

安西先生、私プリキュアになりたいです!

マネージャーの答えは
『お前には無理だよ。
年齢的にも、キャラクター的にも』

いつもならそこで笑って
『そうですよね』なんて言って引き下がってたかもしれない。

でも、その時の私は
『受かる受からないじゃなくて、
チャンスを下さい。
無理だなんて言わないで、
少しでも可能性がそこにあるなら、
やってみたいんです。』
という事を言いました。

マネージャーは私の話を聞いて
『そんなに言うなら、
頑張ってみる?』
とプリキュアのスケジュールをあけてくれました。

出典:新プリキュアの声優に起用された生天目仁美さんのブログが泣ける 2chのかけら

年齢的に無理だよ・・・

当時既に35歳。声優としては厳しい年齢です。

出典:c2.atwiki.asia

当時既に35歳。声優としては厳しい年齢です。

だから、受かった時は本当に嬉しくて
嬉しくて。

芝居が出来る喜びと
夢だったキャラクターを演じられる喜びに
子どもの様に声を出して泣きました。

出典:新プリキュアの声優に起用された生天目仁美さんのブログが泣ける 2chのかけら

念願叶った!

出典:c2.atwiki.asia

よかったですね。プリキュアの次のステップ・・・期待してます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング