悲劇のアイドル・高橋良明 バイク事故死にまつわる噂

1989年、16歳という若さでこの世を去った、アイドル高橋良明。ドラマ『オヨビでない奴!』への出演、「天使の反乱」でCDデビューと、ヒットロードを駆け上がり、将来有望であっただけに運命の残酷を恨みたくなります。今回は、そんな彼の死の真相に迫ってみます。

アイドル歌手 高橋良明

高橋良明

はにかむ表情が魅力的です。
ジャニーズ系ではないアイドル歌手として注目されました。

事故の詳細

深夜、大型バイク、、、事故の危険が高い

1989年1月5日の深夜、大型バイクを自ら運転して、レンタルビデオを借りに行く途中、車道を横断してきた中学生と接触事故を起こしてしまいます。
高橋は、これを避けようとして、路上に駐車していた車に激突するという大事故を起こしてしまいました。

出典:高橋良明のバイク事故死は医療ミス?ファンは毎年追悼イベント開催

病院に搬送される。

出典:nanapi.jp

病院に搬送される。

事故現場は川崎市麻生区虹ケ丘付近でしたが、意識不明の高橋は、なぜか東京都稲城市内の【高橋脳神経外科病院】に救急搬送されました。
それでも翌6日には、意識が回復し、全治3カ月と発表されます。
ところが2週間余り後の22日に様態が急変、再び意識不明になり、翌23日に16歳の若さで急死しまったのです。

不審死として、聖マリアンナ医科大学において司法解剖が行われ、死因は頭部打撲による小脳くも膜下出血及び中脳出血と診断されました。

出典:高橋良明のバイク事故死は医療ミス?ファンは毎年追悼イベント開催

多くのファンが死を悼む

葬儀には女子中高生ら5,000人が参列し、後に行われた追悼ライブには15,000人のファンが押しかけたそうです。

実は医療ミス?

そんな高橋さんの死に実はある噂が立っています。それは、緊急搬送された高橋病院で医療ミスが起きたのではないのかという噂です。実際に高橋さんは搬送された病院じゃら、全治3ヶ月で安静にしていれば回復する見込みがあると告げられていたそうです。

意識が戻ったその翌日、急死するなんてちょっとおかしくないですか?

出典:www.246.ne.jp

意識が戻ったその翌日、急死するなんてちょっとおかしくないですか?

担当の看護師が 誤った薬を点滴で投与してしまった!?

投与の後苦しそうに暴れだした高橋さんを、治療することはおろか、両手両脚をベッドに固定し、痛み止めを打ったというとんでもない噂が立っています。高橋さんが頭が痛いと訴えても、病院は脳の検査をせず、そのまま高橋さんはいきを引き取ってしまったと言われています。。。

点滴の袋には他の患者の名前が書かれていたという話も…

医療ミスについて遺族がなぜ訴訟を起こさなかったのかについてはいくつかの噂があります。

一つは高橋脳神経外科病院が、高橋の親族の経営であったからというものです。
事故の時になぜ現場に近い大病院でなく、個人の病院に搬送されたのか?

事故の時、高橋が所持していた免許は自動二輪中型限定運転免許(当時)で、大型2輪は運転出来ないものです。

わざわざ高橋病院に搬送したのは、事故が表沙汰になるのを恐れて、事故を内々に納めようとしたからだという噂があるのです。

出典:高橋良明のバイク事故死は医療ミス?ファンは毎年追悼イベント開催

その他にも様々な噂が・・・。

高橋さんが事故を起こしたバイクは、『オヨビでない奴』で共演した石川博之さんが貸したものではないかという噂が立っています。
そんな石川さんはなんと、高橋さんの死の一年後に高速道路で事故死しているのです。これは高橋さんの呪いではないのか?という噂が立っているのです。

様々な暗い噂が立っている、高橋さんの死亡事故。真相は闇に包まれたままです。

色々と闇に包まれた高橋さんの死亡事件。真相はいかに?

出典:tayune.com

色々と闇に包まれた高橋さんの死亡事件。真相はいかに?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング