【覚悟しいや】岩下志麻の可憐な少女時代と、しびれる着物姿集

今まで多数の映画・ドラマに出演し、日本の芸能界を牽引してきた岩下志麻。 彼女の若い頃と「極妻」時代の写真をまとめました。

日本を代表する大女優

岩下 志麻(いわした しま、1941年1月3日 - )は、日本の女優。東京府東京市京橋区(現:東京都中央区)銀座生まれ[1]。本名は篠田 志麻(しのだ しま)。
松竹の看板女優の一人として活躍した。夫は映画監督の篠田正浩。父は俳優の野々村潔。4代目河原崎長十郎は義理の伯父に当たる。

出典:岩下志麻 - Wikipedia

美しさの証、ベストドレッサー賞

岩下志麻

岩下志麻さんは、最もジュエリーが似合う著名人を選出し表彰する「ジュエリーベストドレッサー賞」を50代と60代の2回も受賞している。

彼女が時を経ても美しいことを象徴しているエピソードです。

名監督・小津安二郎が絶賛した可憐な少女時代

小津監督をして「10年に1度の逸材」(逸材というのはたぶん立ち姿の美しさと表情のりりしさを兼ね備えたかわいこちゃんという意味)と言わしめた

出典:岩下志麻 | borujiaya

小津安二郎といえば、ブルーリボン賞を始め数々の映画の賞を受賞している映画監督。
日本だけでなく世界でも評価を得ている監督から認められたというのは相当凄いことですね。

では、その頃の岩下志麻さんをみていきましょう!

岩下志麻×映画『秋刀魚の味』

目鼻立ちの整った美しい顔

女優としての原点となったのが「秋刀魚の味」。小津安二郎監督からこう言われた。「人間は悲しいときに、悲しい顔をするんじゃないよ。人間の喜怒哀楽っていうのは、そんなに単純なもんじゃないよ」。この言葉は、いまでも演技づくりの根底にあるという。

出典:女優・岩下志麻、知られざる素顔…実は大の“虎党”

岩下志麻

20代前半の写真です。
これぞ「大和撫子」!
現代の若者には到底出せないであろう、色っぽさを醸し出しているます。

岩下志麻

大人っぽすぎてセーラー服姿に違和感が…

岩下志麻

やはり和装が似合いますね。

岩下志麻

端正な顔立ちに惹き付けられます。

「妻」と書いて「おんな」と読む、アノ作品のしびれる着物姿

新極道の妻たち

この作品で、日刊スポーツ映画大賞 第6回(1993年)主演女優賞を受賞。

岩下志麻×極妻

にらみをきかせた目には迫力がありますね。

岩下志麻×極妻

岩下志麻×極妻

にらみをきかせたこの姿は印象に残ります。

岩下志麻×極妻

いや〜かっこいい!

今年で73歳になった岩下志麻さん。
これからも精力的に女優活動を続けていって欲しいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング