手塚治虫先生の名作、人気の上位5作品と作品に込められた手塚治虫のメッセージ

日本だけでなく海外でも愛されている、多くのマンガを描いた漫画家、手塚治虫さん。 若い方でも作品名は聞いたことがあるはず!ぜひストーリーも知ってください!ということで、人気の5作品をまとめました。

手塚治虫さん、漫画家としてデビューするまでは医者を目指していた!

本名は「手塚治」さん

自身のペンネームに「虫」という字を当てたのは、彼が虫が大好きだったことに由来しているんですよ!!

手塚治虫さんは、デビュー前、大学の医学専門部に通っていました。
しかし、在学期間中に漫画家デビューを果たします。

手塚が戦中戦後にかけて医者の勉強をしていたことは有名だが、医者を断念した理由は担当教官から「君はこのまま医者になっても必ず患者を殺すから、悪いことはいわん、漫画家になりたまえ」と忠告を受けたこと。

出典:手塚伝説(その1)禁断のプライヴェート篇: たけくまメモ

理由はこれだけではないと思いますが、この教官がいなければ漫画家になっていなかったかもしれませんね。

漫画を描きながらの単位取得は大変だったようですが、しっかり卒業もして、医師免許も取得したんです!!

手塚治虫先生の作品人気ランキング、上位5作品!

アトムを押さえて1位に輝いたのは…黒いコートのあの医師

出典:好きな手塚治虫の漫画ランキング

堂々の第1位!【ブラック・ジャック】

天才的な外科医、ブラック・ジャックが主人公の「医療と生命」がテーマの漫画。
医療漫画の先駆けですよね。
リアルで残酷な描写もありますが、子どもながらに「怖いけど目が離せない」と思ったのを覚えています。

そうだできれば戦争中におまえを殺したかった
戦争は人間のひとりやふたり殺しても罰せられん
だが…戦争が終わるととたんに殺人は犯罪になってしまう
こんな不都合なことがあるのか!?
~ブラックジャック【あつい夜】 (by ゴ・ウィン先生)

出典:『ブラック・ジャック』の名言集

ブラックジャックの中では、生命の尊さを登場人物達がおしえてくれます。

第2位「鉄腕アトム」

感情を持った少年ロボット、アトムが事件を解決したり、困っている人を助けるお話。

この漫画を読んで、ロボットを作りたい!と思った人もたくさんいたはず!!

原作でのアトムは2003年生まれ。早く会いたいですね!!

アトムはロボット工学やバイオテクノロジーなど先端の科学技術が暴走すれば、どんなことになるか幸せのための技術が人類滅亡の引き金ともなりかねない、いや現になりつつあることをテーマにしているのです。

出典:〜手塚治虫がアトムを通して伝えたかったこと〜 今、よみがえる鉄腕アトム

手塚先生はきっと今の日本の惨状も予想していたのでしょうね。
深いメッセージの込められた作品だからこそ、今もなお愛されているのかもしれません。

第3位「火の鳥」

物語の中心は、「火の鳥」と呼ばれる不死鳥。
その鳥の血を飲むと永遠の命が手に入ると言われており、その血を求めた人々の苦悩や残酷な運命が描かれる。

第4位「リボンの騎士」

少女漫画の先駆けともいえるこの作品は、手塚先生が大好きだったという宝塚歌劇団の影響を受けている。
当時女の子が戦うストーリーの漫画はなかったので、そういった点でも先駆けですね!

第5位「ジャングル大帝」

白いライオン、レオが中心の物語。

手塚先生はディズニー映画「バンビ」に影響を受けてこの作品を描いたと言われているが、この作品を見たクリエイターが、「ライオンキング」を制作したのでは?という噂も有名でしたよね!

手塚治虫が伝えたかったメッセージとは

手塚治虫が生涯作品を通して伝えたかったことは、
命の尊さ、生命の尊厳、自然への畏敬

出典:20世紀の偉大な人物 手塚治虫

魅力溢れる手塚作品の世界

子どもの頃に読んだ手塚治虫先生の作品は
どこか怖くて、どこか忘れられないものがあるのではないでしょうか?

それこそが、手塚治虫先生の作品が大人になってまでも
長く愛される所以なのだとおもいます!

手塚治虫先生は、多くの作品を通して「命」を
テーマにメッセージを発信し続けました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング