「平成の怪物」大リーガー、松坂大輔選手の成績と名言!

現在も大リーグで活躍されている、大投手・松坂大輔選手。彼の活躍は高校時代から始まります。彼の活躍と、今までの語録をご紹介します♪

松坂大輔ってどんな選手なの??

「平成の怪物」松坂大輔!

夏の甲子園においてMAX152km/hの剛速球と切れ味鋭いスライダーなどの変化球を武器に、超高校級の党首として一躍注目を浴びた松坂選手!野球を始めたのは小学3年生の時で、5歳からそれまでは剣道をやっていたのだとか!

日本のみならず海外でも大活躍!

高校卒業後の1999年に西部へ入団。日本での大活躍を背に2007年、数々の有名球団のオファーの中からレッド・ソックスへ入団!ワールドシリーズ優勝などチームに大きく貢献しました!すごい!

座右の銘は「目標がその日その日を支配する」

これは出身高校である横浜高校創立者、黒土史郎が愛した詩だといわれています。出身校にゆかりのある言葉を座右の銘としているのは初心忘るべからず、といったところでしょうか。

松坂選手のすんごい記録!

甲子園、決勝戦でノーヒット・ノーラン!

出典:pbs.twimg.com

甲子園、決勝戦でノーヒット・ノーラン!

当時史上2人目となる快挙を達成しました!!まさに超高校級投手です!!この年は圧倒的な活躍により、春夏連覇を果たしました。

高卒新人としては史上初!

プロ野球デビューとなった1999年、オールスター新人賞を受賞しました。また高卒新人としては史上初となるベストナインとゴールデングラブ賞を受賞しました!!なんたる快挙!!!

日米通算2000奪三振!!!

2014年4月20日(日本時間21日)に達成したこちらの記録!!つい最近のことですね!!ものすごい記録です!!

松坂大輔語録!

「きょうで自信が確信に変わりました」

出典:pbs.twimg.com

「きょうで自信が確信に変わりました」

イチロー選手(当時オリックス)との初対決でいきなり3打席連続三振を奪った後に残した言葉です。プロ一年目にして、あの天才イチローからいきなり三振とは!!大きな自信をつけるのもうなずけますね。しかし自信をつけるまでには地道な努力や挫折もあったことでしょう。成功への道は地道な努力からなるものですね、

「夢という言葉は好きではない。」

出典:pbs.twimg.com

「夢という言葉は好きではない。」

「夢という言葉は好きではない。夢は見るものでかなわないもの。ここで投げられると信じてきたから、ここに来られた」

メジャー行きが決まったときの言葉です。目標を達成できる自信とそれに見合った涙ぐましい努力があったからこその言葉ですね!!

「トップだからいいというもんじゃない。二番目がかなたにかすむ程ずっと先を行っていたい」

目標を高く高く持つための心持ちですね~!!トップなだけでなく、ぎりぎりのトップではなくぶっちぎりのトップを目指す!ゴールがないというのは大変なことですが、あえてゴールを設定しない心持がかっこいいです!!

「僕は夢は見ない。常に目標を掲げる」

出典:pbs.twimg.com

「僕は夢は見ない。常に目標を掲げる」

松坂選手の言葉からは常に高い目標をかかげ、それに向かって惜しみなく努力をする。という確固たる決意が感じられます。強い気持ちで立ち向かうからこそ、いい結果が生まれるのかもしれませんね。

「僕は40歳を過ぎても現役でいるつもりですし…」

出典:pbs.twimg.com

「僕は40歳を過ぎても現役でいるつもりですし…」

「僕は40歳を過ぎても現役でいるつもりですし、150km近い球は投げていたい。そのために25歳までは何を、30歳まではどうするというプランはあります」

天才イチローさんも卒業文集で活躍するためには、を語っていたというのは有名な話ですが、松坂選手も同じく将来を見据えて今現在自分がどうするべきか、を考えている。という発言ですね。

現在もアメリカは大リーグで活躍中の松坂選手。一部メディアでは日本のプロ野球に戻ってくるのでは?との噂も…!どこにいても変わらず応援していたいですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング