「テルーの唄」だけじゃもったいない!「鳥肌の立つ歌声」手嶌葵の曲

「心を何にたとえよう」ー透き通るような歌声で、2006年にデビューを飾った彼女。 彼女の魅力ある歌声は「テルーの唄」だけではないのです。

手嶌葵ってどんな人?

端正な顔立ち

手嶌葵(てしま あおい、1987年6月21日 - )は、日本の女性歌手。本名同じ。ランデブー所属。福岡県出身・在住。身長174cm。

出典:手嶌葵 - Wikipedia

身長が174cmと高めです。

手嶌葵

出身地である福岡で行われたTEENS'MUSIC FESTIVAL協賛「DIVA」に出場。
その歌声が聴衆を魅了し、翌年には韓国で行われたイベント「日韓スローミュージックの世界」にも出演、好評を博した。

出典:Biography

手嶌葵

その当時彼女が歌った「The Rose」のデモCDが、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと、2006年に公開された映画『ゲド戦記』の監督、宮崎吾朗氏の耳に届く事となり、デビューへの足掛かりとなった。

出典:Biography

凛とした佇まい。

デビューのきっかけとなったのはこの曲

3:36 手嶌葵ーThe Rose

手嶌葵ーThe Rose

「ローズ」(原題:The Rose)は、アメリカ映画『ローズ』(1979年11月公開)の主題歌。同作に主演したベット・ミドラーが歌い、1980年にはシングルとして全米3位、『ビルボード』誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位のヒットを記録した。

出典:ローズ (ベット・ミドラーの曲) - Wikipedia

日本では都はるみさんが「愛は花、君はその種子」という日本語版で歌っているのが有名です。
これは映画『おもひでぽろぽろ』の主題歌でもあります。

続いて、ジブリの曲から

ゲド戦記

4:24 手嶌葵 - テルーの唄

手嶌葵 - テルーの唄

2006年発売のデビュー曲であり、映画『ゲド戦記』 劇中挿入歌。
特に「心を何にたとえよう」というサビの部分は、日本人なら誰もが聞いたことがあるフレーズではないでしょうか。

コクリコ坂から

4:22 手嶌葵 - さよならの夏~コクリコ坂から~

手嶌葵 - さよならの夏~コクリコ坂から~

2011年発売の4thシングル。
映画『コクリコ坂から』の主題歌。
彼女独特の透明感あふれる歌声が、聴いた全ての人々を魅了します。

カバー曲も外せない

4:55 手嶌葵 - 流星

手嶌葵 - 流星

手嶌葵 ×吉田拓郎。
この曲では、男性の感情をしっとりと歌いあげています。
リコーのコマーシャルにも使われています。

3:17 手嶌葵 - Chinese Soup

手嶌葵 - Chinese Soup

手嶌葵×ユーミン。
松任谷ではなく、荒井由美時代のユーミンの曲。
リズミカルで時代を感じさせないサウンドなっています。

奇跡のコラボが実現!

3:12 秋川雅史×手嶌葵 - 見上げてごらん夜の星を

秋川雅史×手嶌葵 - 見上げてごらん夜の星を

「千の風になって」が大ヒットしたテノール歌手、秋川雅史と共に歌ったこの曲。
圧倒的な歌唱力を持つ二人の、夢のようなコラボは必聴です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング