ジャパニメーションの視点から見る宮沢賢治の代表作一覧!

日本が誇る作家宮沢賢治。彼のファンタジックな作品はアニメ化もたくさんされてます。また、日本を代表するアニメーターや次世代アニメとのコラボも多数。そんな日本アニメに影響を与えた宮沢作品をご紹介します。

宮沢賢治

宮沢賢治

1896年(明治29年)8月27日- 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、童話作家。
代表作に「銀河鉄道の夜」「グスコーブリの物語」「オツベルと象」など。
岩手の田舎で晴耕雨読の生活をしながら作家をしていた。
彼の作品は現代にまで影響を与えています。

代表作1:銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語。
ジョヴァンニは現実の世界では疎外された存在だったが、さまざまな経験が彼を成長させ俯瞰的な視点を手にする。

1985年アニメ映画化

1:30 映画『銀河鉄道の夜』 予告篇

映画『銀河鉄道の夜』 予告篇

この映画を観て「宮沢賢治の原作でも登場キャラクターは猫なのだろう」と勘違いする人が少なからず存在する。

出典:銀河鉄道の夜 - Wikipedia

正直、私も猫だと思ってました・・・

代表作2:グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記

あらすじ:
グスコーブドリはイーハトーブの森に暮らす「きこり」の息子として生まれた。
飢饉で両親を失い、妹と生き別れ、火山噴火の影響による職場の閉鎖・・・。
様々な苦難ののち、彼が火山を爆発させ、冷害は食い止め、イーハトーブは救われたのだった。

イーハトーブは故郷

イーハトーブとは、「岩手」(イハテ)をもじったもの。
宮沢賢治にとっては理想郷

2012年にアニメ映画化

1:55 『グスコーブドリの伝記』予告編

『グスコーブドリの伝記』予告編

こちらも猫です。
なんだか、宮沢賢治=猫のイメージが・・・

「グスコーブドリの伝記」に登場するイーハトーブがあの娘にも影響!?

初音ミクも歌った!イーハトーヴ交響曲!

大河ドラマのサントラも担当経験のある冨田勲作曲の交響曲です。
ちなみに、初音ミクも歌っています。

3:42 冨田勲×初音ミク「イーハトーヴ」@2012.11.23 東京オペラシティ

冨田勲×初音ミク「イーハトーヴ」@2012.11.23 東京オペラシティ

代表作3:セロ弾きのゴーシュ

セロ弾きのゴーシュ

ゴーシュは町の楽団員。セロを担当し『第六交響曲』を練習していたが楽団長に下手だと叱責を受ける。
腹を立てたゴーシュは森で動物たちと練習をすることにし始めた・・・。

1982年アニメ映画化(監督は高畑勲)

3:55 Gauche the Cellist 「セロ弾きのゴーシュ」 - Trailer 予告編

Gauche the Cellist 「セロ弾きのゴーシュ」 - Trailer 予告編

ジブリの高畑勲さんが監督。そして、あの人にも影響を与えました・・・。

宮沢賢治はジブリの原点のひとつ?

岩手のあそこでセロを弾いてたってこと自体が、実に悲しい分裂ですよ。

出典:宮沢賢治と宮崎駿

『風の帰る場所』でのインタビューで宮沢賢治を讃える宮崎駿さん。

「僕は、だから傷を持たないヒロインは作りたくないですよね、全然。例えば、自

 分の仕事をすごく評価してくれてた人が『(風の谷の)ナウシカ』(一九八四年)

 のときに『なんでこんなものを宮崎駿が作ったんだろう?』っていうような書き方

 をしてたことがあるんです。で、そんときに『人を殺しても泣かなかった』とかね。

 なにをこのバカは言ってんだと思ったんですけど(笑)」

出典:宮沢賢治と宮崎駿

ナウシカのもとはゴーシュなんですね。

そして、ジブリといえば猫が多い!

もしかしたら、宮沢賢治=猫=ジブリなのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング