【これはひどい】平愛梨のイタいまとめ

映画「20世紀少年」でのカンナ役での活躍が記憶に残っている方も多いでしょう。 最近はバラエティなどの活動が目立っているようです。 そんな平愛梨さんのイタいエピソードを画像や動画と共にまとめてみました。

20世紀少年でカンナ役を演じた平愛梨

デビューから約10年、もはや崖っぷち状態だった時に、
映画「20世紀少年」のカンナ役に、オーディションで抜擢された、平愛梨。
意外と苦労人なんですよね。
この頃は本当に女優さんとして本気で頑張っていました。

カンナ役を熱演

役作りの為に長かった髪をバッサリ!気合い入ってます。

番組の空気が読めなさすぎ!と酷評の平愛梨

最近では、バラエティでの活躍が目立ちますが、
アシスタントを務めた関西テレビ「ツキギメ! ジロンバ~私的激論サミット~」での振る舞いに
たくさんの苦情が出ていたそうです。

ジロンバ出演メンバー

出典:cdn2.natalie.mu

ジロンバ出演メンバー

劇団ひとりと一緒に議長をしていました。

現場関係者からは不評高まる

実際に、オンエアされていない場面での様子は相当なものだったようです。
ちょっと調べて見たところ、番組内での立場上、出演者の話を聞いて
そこから話を広げたり他の出演者に振ったりというのが彼女の仕事のはずなのに、
話をしてくれている出演者に何度も同じ事を聞き返すようなことをしていたとか。
これ、普通の人でもNGな行為ですよね。
おまけにいざ自分が話し始めたらカミカミだったとか。

もちろん収録後にはお説教タイムに入ったそうで。
女優からバラエティタレントへ移行しつつあります
が前途多難のようですね。

そろそろ

出典:up.gc-img.net

そろそろ

かわいいだけじゃやっていけない年齢ですからね。しっかりして欲しい所です。
現場の評判が悪いと今後の仕事に大きな支障となりますからね。

ただの天然で許されるのにも限度がある

迷言や珍言などのエピソードが多い平愛梨さん。
映画の舞台挨拶では、雨も降ってないのに「今日は雨の中・・・」なんて発言をしたり、
ボジョレーヌーボーをボラギノールと言い続けてしまったり。
「和やか」を「にごやか」と言ってしまったり。
朝の番組内のコーナーで、「加藤テリーさん」と呼び掛けてしまった上に豊川悦司を豊臣秀吉と言ってしまったり。
うっかりも度を過ぎると天然なんて言葉では許さず、もはや罪ですw

4:25 平愛梨また大ボケ。雨降ってないのに「今日は雨の中...」

平愛梨また大ボケ。雨降ってないのに「今日は雨の中...」

ゴリが助け舟を出してくれて良かったね。

ボラギノールじゃなくて!

出典:i1.ytimg.com

ボラギノールじゃなくて!

ボジョレーヌーボーだよ!www

2:53 水卜麻美アナウンサーが平愛梨の勘違いエピソードを語る

水卜麻美アナウンサーが平愛梨の勘違いエピソードを語る

ボケボケっぷりがさく裂してます。

2:59 【平愛梨】の天然キャラがめっちゃ面白い!!どこまで本当かわかりません!!

【平愛梨】の天然キャラがめっちゃ面白い!!どこまで本当かわかりません!!

加藤テリーさん

ヲイヲイ・・・

豊臣秀吉じゃなくて

豊川悦司ですw大先輩の共演者の名前ぐらいきちんと言えるようになりましょう。

もう29歳です。

天然で許されるのはハタチかそこらの小娘まで。
もう29歳ですからね。芸能界で生き残って行くにはそろそろキャラチェンジも視野に入れ、
己を磨く必要もあるのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング