フィギュア界のサラブレッド 挫折から立ち直った小塚崇彦

ソチ五輪以降、熱愛報道で騒がれた小塚選手といえば、日本男子フィギュア界のサラブレッド。ジュニア時代から常に世界を舞台に活躍をし、キレの良いスケートをを披露する。

3代続くスケート一家のサラブレッド

スケートだけではなくユニークな賞も受賞していた小塚崇彦

手に持っていた表彰状には『馬じゃねーし』と書いてあったそう

物心がつく頃にはスケートを始める

祖父が旧満州のフィギュアスケートチャンピオン。父が1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。
さらには、母親と、叔母もフィギュアスケート選手。

5歳から本格的にスケートを習い始め、
ジュニア3年目の2004-05シーズン、シニアの大会である全日本選手権のショートプログラム (SP) 1位になる。

※画像はイメージです

目標も当然、世界一!!

この頃から、見つめている先がすごいです。

ムダのないスケーティング

5:15 Takahiko Kozuka 2011 Worlds FS (No Commentary)

Takahiko Kozuka 2011 Worlds FS (No Commentary)

総合2位に入り世界選手権で自身初の銀メダルを獲得し、日本男子選手としては史上4人目の同大会メダリストに輝く。

順調に成績を残していくもソチ五輪代表に落選

2013-14シーズン、不調で出遅れる。全日本選手権では3位となるも、GPシリーズの成績不振が響いて、ソチ五輪の代表には落選。
引退がささやかれる。

しかし、四大陸選手権では、優勝した無良崇人に次ぐ総合2位で銀メダルを獲得する!

仲間たちとの楽しそうな表情

ソチ選考争いがあったものの、高橋大輔選手と大の仲良し

フィギュアの選手たちって、よく一緒にいるイメージです。
カメラがなくても、こんな風に話してそうですよね。

2ショットのバージョンも

素人だったら、デートにしか見えない。
女子選手たちとも仲がいいんですね。

注目される今後は

ソチ落選するも、新たな決意を

「(全日本選手権後の)あの気持ちのまま今季を終わらせるわけにはいかなかった。(ソチ冬季五輪代表を逃し)何で競技を続けているんだろうと思ったが、これで新たな目標を決めてやる決心がついた。」
と、現役続行を表明。
今後に期待です

このようなスクープも

出典:pbs.twimg.com

このようなスクープも

私生活も含めて、今後も目が離せませんね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング