【AKB48】大島優子の年収はいったいどのレベル!?【vs前田敦子】

一世を風靡したAKB48グループの中でも総選挙1位を2度獲得し、センターをつとめた大島優子。彼女の年収は芸能界でどれほどなのだろうか??前田敦子の年収とも比較してみました。

▶ AKB48 センターの大島優子

大島優子

****元気はつらつなキャラが大人気のゆうこ****

総選挙第1位の大島優子

AKB48グループの総選挙第1位のゆうこ

▶ 2013年アーティストの年収ランキングTOP10入りなるか?

大島優子は年収ランクTOP10に入れるのか!?

1 桑田佳祐 5億円 
2 矢沢永吉 4億7000万円
3 稲葉浩志 3億3000万円
4 桜井和寿 2億5000万円
5 槇原敬之 2億円 
6 森 進一 1億9000万円
7 宇多田ヒカル 1億8000万円
8 中島みゆき 1億6000万円
9 長渕 剛 1億3000万円 
10 井上陽水 1億1000万円 

出典:芸能人・タレント長者番付年収ランキング2013.Web|アーティスト編

さすがにTOP10には入れませんでした。桑田佳祐や桜井和寿、宇多田ヒカルなど数十年前から活躍しているアーティストが引き続きランキング上位に位置しています。

TOP10入りは先の話のようです。

▶ 2013年のAKB48年収ランキング(名前、推定年収、事務所)でみると・・・

1 篠田麻里子 5000万円 サムデイ
2 板野友美  4500万円 ホリプロ
2 大島優子  4500万円 太田プロダクション
4 小嶋陽菜  3500万円 プロダクション尾木
5 高橋みなみ 2500万円 プロダクション尾木
6 柏木由紀  2000万円 ワタナベエンターテインメント
7 河西智美  1800万円 ホリプロ
8 渡辺麻友  1300万円 プロダクション尾木
9 宮澤佐江  1200万円 オフィス48
9 秋元才加  1200万円 オフィス48

出典:AKB48メンバー年収ランキング2013!

▶ 大島優子はAKB48だと4500万円もらっており、AKB48内で同率2位

AKB48内では上位に君臨する大島優子!

4500万円とAKB内ではかなりもらっている部類にあたる

▶ AKB48内の年収ランクはどのようにして決まるのか?

年収ランクの決め手は「CM本数」

出典:pbs.twimg.com

年収ランクの決め手は「CM本数」

調査会社「日本モニター」によるCM起用社ランキングでは、篠田さん、板野さんがともに20社でトップだった。一般の認知度が高い上に、ファッションリーダー的な存在の2人は、男性向けだけではなく、女性向けでもCMの仕事が入りやすい点でも有利だろう。

出典:AKB48メンバー年収ランキング2013!2位は板野4,500万、1位は? :...

やはりCMの存在は大きいのか

AKB48内CM女王 篠田麻里子

出典:simitan777.com

AKB48内CM女王 篠田麻里子

堂々のトップのまりこさま。ファッションブランドが功を奏したか

板野友美もCM出演が多い

数々のCM出演がやはり大きかったのか

▶ 元AKB48!気になる前田敦子の年収は!!??

2012年当時での、前田敦子の推定年収がなんと4500万円。

AKBの中でも、かなり高額な年収をもらっているといえます。

出典:元AKB48前田敦子の気になる年収・給料・CMのギャラは?

元AKB48 前田敦子の2013年の年収は?

2014年現在、なんと7本ものCMに出演しています。

1本800万円と言われているCMのギャランティーなので、合計のCMギャランテーが、

800万×7= 5600万円となります。

出典:元AKB48前田敦子の気になる年収・給料・CMのギャラは?

2014年で数えて7本。CMの出演料だけで、5600万円。
この他にも、映画やドラマ、CDでの売上などもあるため、
そこに数千万円上乗せされて、7000万円以上はありそうです。

AKBでがんばり続けるより卒業してピンで売れるほうが儲かるわけだ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング