[朝ドラ]最近の高視聴率朝ドラまとめ「あさが来た」

9月28日に始まったNHKの朝ドラ「あさが来た」、初回視聴率は21.2%でした。「あまちゃん」から6作連続で初回視聴率20%超えをしてるみたいですね!今回はそんな朝ドラの高視聴率だったシリーズをまとめてみます!

「あさが来た」初回視聴率21.2%で好発進!

新・朝ドラの「あさが来た」が初回高視聴率

主演の波瑠さんはファッションモデルでもあり、最近TVで見る機会も増えてきました。

9月28日に始まったNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の初回視聴率(関東地区)が21・2%だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 朝ドラとしては、平成25年度前期作「あまちゃん」から6作連続で初回視聴率が20%を超えた。物語は、幕末から明治期にかけて、商才を発揮したヒロイン、あさが実業家となり、日本初の女子大学設立に向けて奔走する姿を描いた。ヒロインは波瑠(はる)さんが演じている。

出典:NHK朝ドラ「あさが来た」 初回視聴率は21・2%

北大路公子@kemedine

あさが来た、旧習を窮屈に感じる好奇心旺盛なヒロイン、頑固だが愛情深い父、ヒロインのすべてを受け入れる年長者(祖父)、弱い存在でありながらヒロインの欲しいものを無条件に手にしている人物(弟)、古い価値観の幸せを積極的に受け入れる対照的な存在(姉)という朝ドラの王道をいってますな。

「あさが来た」にも期待の声があがっています!

「あまちゃん」から6作も連続で初回視聴率20%を超えるなんてすごいですね!
最近朝ドラがブームになっているような気がします。

高視聴率朝ドラをまとめてみました!

朝ドラの視聴率は近年好調で、特に2010年「ゲゲゲの女房」からは20%近く、とても好評のようですね。

[ゲゲゲの女房]

朝ドラ「ゲゲゲの女房」は平均視聴率18.6%

妻役に松下奈緒さん、水木しげる役に向井理さんが配役され話題となりました。

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』は、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるさんの妻・武良布枝さんの自伝が原案です。
 好きなことに命がけで打ち込む夫を支え、おおらかな愛を家族にそそぎながら生きていく、昭和の青春物語です。

出典:「ゲゲゲの女房」はこの人です! ~ヒロイン発表~ | 連続テレビ小説 |...

夫の水木しげるに寄り添うゲゲゲの女房[朝ドラ]

この作品をきっかけに朝ドラ人気に火がつきました!

[梅ちゃん先生]

朝ドラ「梅ちゃん先生」は平均視聴率20.7%

俳優の山本耕史さんと結婚したことでも話題になった堀北真希さんの主演です。当時からお美しいですね!

昭和20年。医師である父親・下村建造(高橋克実)の元で末っ子として生まれた梅子(堀北真希)は、
優秀な姉兄と違って何をしても失敗ばかりの劣等生。そんなある日、梅子は、建造が一人の医師として、
戦災孤児の命を懸命に救おうとする姿を目の当たりにする。
初めて見る「命をあきらめない」父の姿に心を動かされ、医師という職業の素晴らしさを実感した梅子。
そこから一念発起し、梅子は医師を目指すことに。
終戦直後の東京・蒲田を舞台に、人々に希望を与えるヒロインの奮闘記が始まる。

出典:梅ちゃん先生 | ファミリー劇場

医師姿もお似合いの堀北真希さん[朝ドラ]

朝ドラの平均視聴率が20%を超えたのは、2003年に放送された『こころ』以来9年ぶりのことでした。穏やかなヒロインが奮闘する姿は、復興中の日本を元気にしてくれました。

[あまちゃん]

朝ドラ「あまちゃん」は平均視聴率20.6%

主演の能年玲奈ちゃんは一躍人気女優になりました。能年ちゃんとあまちゃんの明るい性格はぴったりでしたね!

宮藤官九郎が、故郷・東北を舞台にオリジナルで描く“人情喜劇”。
夏休み。母に連れられ、初めて北三陸にやってきたヒロイン・アキは、祖母と出会う。現役の海女を続ける祖母は、人生で初めて出会った「カッコいい!」と思える女性だった。故郷で暮らすことになった女3代。ふとしたきっかけで始まる東京での生活。アキの夢、母の夢は・・・。

出典:連続テレビ小説 あまちゃん - NHK

地元でアイドルとして活躍するあまちゃん、可愛い![朝ドラ]

「あまちゃん」は当時社会現象になるほど多くのファンがいました。「あまちゃん」の放送終了によって喪失感を覚えたり、早起きに不安を感じることを「あまロス」と呼ぶ人もいましたね。

これからの「あさが来た」も楽しみですね!

期待の高まる朝ドラ「あさが来た」

初回は好発進だった「あさが来た」。これからも視聴率を増やし、平均視聴率も20%を超えるのでしょうか?楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ