ついに”アニキ”と呼ばれた吉田沙保里。一体なぜなのか?

「霊長類最強の女」と知られるようになったレスリング選手吉田沙保里さん。更に、最近彼女を兄貴と呼ぶ声も浮上してきています。人々にそう呼ばせてしまう原因はどこにあるのか?探ってみましょう。

ゆきだるま
6,942view
0

そもそも吉田沙保里とは

吉田沙保里のプロフィール

1982年生まれの吉田選手は、日本のレスリング選手です。2004アテネ五輪から2012ロンドン五輪までオリンピック3大会連続金メダルをはじめ、世界中に名の知られた選手です。

アニキと呼ばれるわけは?

吉田さんの偉業①脅威の連勝記録

吉田さんは2001年に山本聖子さんに敗れて以来、公式戦119連勝を果たし、また1996年以降は国際大会において27大会連続優勝するなど驚くべき記録を残しています。

吉田沙保里の偉業②五輪3大会連続優勝

2004年アテネ大会、2008年北京大会、2012年ロンドン大会と3回のオリンピック全てで優勝を飾ってきた吉田さん。決して簡単ではありません。

Yoshida wins Gold - Women's Freestyle 55kg | London 2012 Olympics

2012年ロンドンオリンピック決勝の様子。力強さと迫力が伝わってきます・・・!

しかし、熟練者である吉田は2つのラウンドで勝利し、自身のコーチを投げ飛ばし肩に担ぎ喜びを表すことになる。
”私は彼女と何度も対戦し、彼女には一番苦労してきた”
吉田はバービークの通訳にこう語った。
”彼女は私の良きライバルで、克服しようとした精神的なものの1つです。彼女には凄く感謝しています”

出典:吉田沙保里選手、女子レスリング3連覇達成!対戦相手の出身国カナダはそれをどう伝えたか...

ロンドン五輪銀メダリストの選手の発言。吉田選手へのリスペクトも伝わりますが、吉田さんのコーチへの喜びっぷりも気になりますね・・・(笑)

コーチに首投げの真相

五輪で監督を「首投げ」

投げちゃってますね・・・!

世界選手権で勝ちすぎ!?

吉田沙保里の偉業③世界選手権12度の優勝

現在32歳の吉田さん。スポーツ界の中ではベテランとも呼べる年齢に近づいている吉田さんですが、2002年から現在までレスリング世界選手権で12度の優勝を果たしています。最近の2014大会でも優勝しており、その実力は健在です。

”霊長類最強の女”になった吉田沙保里

2012年の世界選手権で世界選手権で世界大会13大会連続優勝を果たし、以前記録を持っていたアレクサンドル・カレリンが「霊長類最強の男」と呼ばれていたことから「霊長類最強の女」と呼ばれるようになりました。

ついにあの賞も受賞しちゃいました

アニキと呼ばれる理由はこんなことも原因なのかも?

吉田沙保里のすごすぎる筋肉

画像からも分かるすばらしい筋肉。この迫力を見ると「アニキ!」と呼んでしまいそうになります・・・。

背筋力は200kg越えとの噂も・・・

出典:www.pakutaso.com

背筋力は200kg越えとの噂も・・・

お子さんを背負って笑顔の吉田沙保里

らくらく持ち上げちゃってます。吉田選手にとっては重さなど感じない程軽いでしょう。

ついに日本の平和を守る!?

吉田沙保里がご家庭の平和を守る!?

吉田さんが出演したアルソックのCM。なぜかすごく安心感を感じてしまいますね(笑)

吉田沙保里の目からビーム・・・!?

同じくアルソックのCMから。こんなCMばかり放送されては、アニキと呼ぶ人も出てきてしまうのでは・・・

30s アルソック CM 吉田沙保里 「安心戦隊ALSOK 2011 秋」篇

吉田兄貴の伝説は2020年まで続くのか?

これからも続く吉田沙保里の快進撃

2020東京オリンピックに向けて前向きな考えを示している吉田さん。あのたくましい姿をぜひ東京オリンピックでも見たいですね!

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ