奥山佳恵の旦那さんってどんな人物なの?

第二子がダウン症であることを公表した奥山佳恵の著書のあとがきに旦那さんが言葉を寄せています。そこで旦那さんについて調べてみました。

たけちゃん
16,155view
0

奥山佳恵とは?

こちらが奥山佳恵です

出典:benesse.jp

こちらが奥山佳恵です

生年月日 1974年3月11日(41歳)
出生地 日本の旗 東京都目黒区
国籍 日本
身長 167 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ、CM
活動期間 1990年 -
配偶者 稲葉功二郎
公式サイト アミューズによるプロフィール

出典:奥山佳恵 - Wikipedia

ダウン症の子供を持つ奥山佳恵

出典:www.nomu.com

ダウン症の子供を持つ奥山佳恵

奥山佳恵の旦那さんはどんな人?

明るい笑顔の奥山佳恵

稲葉さんは、美容業界では世界的に知名度のある方で、仕事柄NYにもよく行く関係で2000年に米国永住権を取得しています。現在は、神奈川県藤沢市で美容院「In a Bar」を経営されています。都会に疑問を感じているそうで自然の多い、湘南に家族で住んでいます。
2008年には、平井堅の全国ライブに専属ヘアメイクとして同行もされています。

出典:奥山佳恵はダウン症をテレビで告白カミングアウト?!夫と離婚?!

著名な美容師が旦那さんということなのですね。

育児に奮闘中の奥山佳恵

出典:up.gc-img.net

育児に奮闘中の奥山佳恵

奥山さんは、2001年にヘアメイクアップアーティストの稲葉功二郎さんと結婚されています

出典:奥山佳恵はダウン症をテレビで告白カミングアウト?!夫と離婚?!

結婚してから10年以上も経過しているのですね。

子供の障害を隠すことなく語る奥山佳恵

奥山佳恵の旦那、稲葉功二郎について

有名な美容師の奥山佳恵の旦那さん

奥さんとお子さんを湘南の土地で大事に支えているようです。

湘南に住まわれながら、現在バリバリ活躍されており料理も非常に上手みたいですね。夫の稲葉功次郎さんはヘアメイクアップアーティストとして2年ほど米国に修行の為に住んでおり、一時帰国した際に偶然奥山佳恵さんと出会うことになります。その後、夫の稲葉功次郎さんが奥山佳恵さんのメイク担当になるというミラクルな偶然が重なり二人は意気投合しその後結婚に至ります。

出典:奥山佳恵 夫は?ダウン症の子供を激白!: 大人なLife style 

奥山佳恵は温かい家庭を築いているということなのですね。

優しい性格の奥山佳恵の夫

出典:c2.atwiki.asia

優しい性格の奥山佳恵の夫

ダウン症の子供と向き合う旦那さん

第二子がダウン症であることを告白した奥山佳恵

旦那さんは本の中で気持ちを語っているのですね。

「生きてるだけで100点満点!」という本を出されてます。

この本の中ではかなりドキっとする事も書かれています。
でも、ポジティブにリアルに書かれていて、本当に素敵な本なんです。
僕が一番感動してしまったのは、最後に「あとがき」にかえて旦那さんが寄稿してるんですよね。そこに書いてあります。

出典:「ダウン症の子は天使」は親のエゴ。奥山佳恵さんの夫の勇気ある言葉に感動

なかなか克服できない障害を夫婦で乗り越えていこうと決めたわけですね。

新たな命と向き合う事になった奥山佳恵

夫の稲葉さんは、もしこのダウン症の子供が
このまま病院に入院したまま、家に戻ってこな方ら
それは障害の子供がいるということにはならないの
ではないか。

等と夫婦そろって思いを激白しています。

出典:奥山佳恵 夫は?ダウン症の子供を激白!: 大人なLife style 

突然のことでしたが旦那さんは真摯に向き合おうとしたようですね。

覚悟を持って子育てをしている旦那さん

出典:itsumo.boo.jp

覚悟を持って子育てをしている旦那さん

温かく子供を見守る奥山佳恵

出典:seriousness.mobi

温かく子供を見守る奥山佳恵

ダウン症のお子さんを持つ知人に「ダウン症の子で良かったね。可愛いわよ」と言われたことに違和感を覚えたと。子供がダウン症で良かったとは思ってないと。
そこの理由として、心臓を停止させるほどの大きな手術もしていて、健常に生まれていれば、そんな思いはしてないし、これから先も色んな困難が待ち受けていると思うと…と書いている。ダウン症は天使だ。ダウン症でも不幸じゃない。という人もいるが、それは親が勝手に決めたエゴ。本人は本当にそう思っているのか?
ともハッキリと書いている。

出典:「ダウン症の子は天使」は親のエゴ。奥山佳恵さんの夫の勇気ある言葉に感動

心底の言葉があとがきに述べられているわけですね、

家族みんなで命を育む奥山佳恵

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ