【不人気?ヒール?】横綱・白鵬が角界で嫌われ者なわけ【快挙なのに】

幕内での勝ち越しが50場所連続で北の湖に並ぶ1位という快挙を果たした白鵬。しかし、角界からの白鵬への態度はどこか厳しいものを感じます。その訳について調べました。

相撲界のヒールと言えば、ご存じ朝青龍

相撲界のヒール 朝青龍

相撲界でヒールと言えば、朝青龍を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?彼は平成の大横綱ですが、問題行動も多かった・・・

07年にケガで巡業を休みながらモンゴルで中田英寿氏とボールを蹴っていた

出典:【悲報】白鵬、朝青龍並みのヒールになる : はまたまぶろぐ(仮)

苦情殺到の問題行動でした・・・

福岡空港で報道陣に対し「何だお前ら、ボケ!」といきなり暴言。初顔の若手記者を見かけると「どこの社だ」とにらみつけ、「殺すぞ!」と吐き捨てた。

出典:「ボケ!」「殺すぞ!」朝青龍ヤケ酒二日酔い(相撲) — スポニチ...

酒癖の悪さも問題でしたね・・・

数々の伝説を残して引退した朝青龍

2010年に引退し、白鵬の1人横綱になったのは懐かしい過去です。

【朝青龍に並ぶヒールへ】白鵬はいつの間にか嫌われ者になっていた

34回の優勝や50場所連続勝ち越しなど角界の歴史に名を刻む白鵬。

まだまだ進撃は止まりません。

角界で偉業を達成し続ける白鵬

最強の横綱として大活躍の白鵬ですが、世間や角界からの目は冷たいようです・・・

白鵬が嫌われる理由はなに?

白鵬が審判を批判し、騒動に発展!

問題の場面

出典:pbs.twimg.com

問題の場面

白鵬が前に出たが、土俵際で稀勢の里の小手投げを食らった。軍配は白鵬に上がるも、物言いに。稀勢の里の左腕が落ちるのも際どかったが、白鵬の右足の返りも微妙。協議の末、朝日山審判長(元大関大受)は「両者落ちるのが同時と見て取り直し」とアナウンスした。

白鵬は会見の冒頭で、優勝を決めた13日目の稀勢の里戦で物言いの末に同体取り直しとなったことに疑問を呈し、「なぜ取り直しなのか。子どもの目でも分かる。ビデオ判定は何をしていたのか。悲しい思いがした」などと審判部への批判を繰り返した。

出典:大相撲初場所:白鵬「なぜ取り直しなのか」審判部を批判 - 毎日新聞

白鵬はご法度の審判への批判をしてしまった

白鵬は取り直しの末に稀勢の里を降して優勝したものの、「勝てたから良かったけど。取り直しの重みを分かっていない。土俵に上がってまげを結っていれば、日本の魂なんです。みんな同じ人間。盛り上がるどうこうじゃない。命をかけてやってますから」と話した。

出典:大相撲初場所:白鵬「なぜ取り直しなのか」審判部を批判 - 毎日新聞

人種差別ではないかと会見で匂わせた

日本協会の電話は午前9時30分の始業から夕方5時15分の終業まで鳴りやまなかった。担当者によると、その数は100件以上。9割は「相撲界に人種差別があるように言っているけれど、誰もそんな目で見ていない」「審判に物申すというのは、日本人でもモンゴル人でもあってはいけないこと」など白鵬の発言に対する批判や反論、1割が擁護の意見だったという。

出典:【悲報】白鵬、朝青龍並みのヒールになる : はまたまぶろぐ(仮)

この反響の大きさは、朝青龍のサッカーに並ぶほどでした。

白鵬は審判部に対してやらかすことが多々ある

豪栄道戦のあと呆然の白鵬

出典:pbs.twimg.com

豪栄道戦のあと呆然の白鵬

<大相撲夏場所>◇12日目◇21日◇東京・両国国技館でのこと。

結び前の一番で敗れた横綱白鵬に対し、審判部から疑問の声が漏れた。

 白鵬は豪栄道の首投げに際どく屈したが、土俵上で礼をせずに、土俵を下りた後もぼうぜんと立ったまま。負けた力士は次の力士に力水をつける必要がなく、控えに座るべきところだが、判定に納得がいかなかったのか、それとも頭の整理がつかなかったのか…。

 審判室に戻ってきたある親方は「早く座れって言おうかと思ったよ」と言い、別の親方は「あれは抗議の意味なのかな?」と疑問を呈した。

出典:白鵬判定にぼう然も「子供でも分かる」と北の富士氏 - 大相撲 : 日刊スポーツ

白鵬はすぐ態度に出ちゃうんですかね?

白鵬は結びの一番で禁じ手「変化」をしてしまった

禁じ手「変化」を大一番でした白鵬

<大相撲春場所>◇14日目◇21日◇大阪・ボディメーカーコロシアムでのこと

横綱白鵬(30=宮城野)が、注文相撲で大関稀勢の里(28=田子ノ浦)を下し、1敗を守った。

 立ち合い直後に右に変化し、突き落とした。館内は不満のため息や、罵声が飛び交ったが、34度目優勝へ前進。千秋楽の横綱日馬富士(30=伊勢ケ浜)戦に勝てば、2度目の6連覇も決まる。支度部屋では報道陣に背を向けて座り、この日も無言で場所を後にした。

出典:白鵬1敗キープも変化に館内ため息、罵声飛び交う - 大相撲 : 日刊スポーツ

「横綱じゃねぇ~」という罵声がありました。

これに対して「変化」じゃないと苦言

審判批判事件後、初となる因縁の対決でのこの立ち合いに非難が集まるのは無理ないですね。

立ち合いに白鵬が右に変化したように見えたことには「そう思われるならしょうがない。残念です」としながらも、身振り手振りを交えながら「(右から)支えている感じで、自分の中では変化じゃない!」と断言。「皆さんにはもう少し相撲を勉強してもらいたい」と苦言を述べた。

出典:白鵬、稀勢の里戦を釈明「変化じゃない!皆さん相撲を勉強して」(デイリースポーツ) -...

言い訳しているようにしか見えないです。

白鵬は御法度「ダメ押し」をしてしまった

「ダメ押し」をした白鵬

出典:pbs.twimg.com

「ダメ押し」をした白鵬

発端となったのは白鵬が寄り切りで勝った8日目の照ノ富士戦。勝負がついた後、両者土俵下のたまり席に転落した。その直後、照ノ富士を後ろから両手で突き飛ばしたのだ。

 照ノ富士は前につんのめりながらも、片手をついて何とかこらえた。仮に転んで観客を巻き込もうものなら大惨事。「ダメ押し」という範疇ではない。しかし、白鵬は反省どころか、報道陣にこの行為について聞かれると「いいから!」と一喝したのだ。

出典:「朝青龍よりタチが悪い」 横綱白鵬に協会内からブーイング|日刊ゲンダイ

照ノ富士の手が目にあたったことに怒ってのことらしいです。

最近では相撲協会内でも「問題児だけど、裏表のない朝青龍の方が可愛げがあった。外面がいい分、白鵬はタチが悪い」なんて言われる始末。横綱を廃業しても誰も困らない。

出典:「朝青龍よりタチが悪い」 横綱白鵬に協会内からブーイング|日刊ゲンダイ

同じ記事にはこんな内容も。
最近の白鵬の態度の悪さには相撲協会も嫌気がさしているみたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ