野口英世はフリーメイソンのメンバーだった!?1000円札に隠された都市伝説

野口英世博士とフリーメイソンとの関係を1000円札の都市伝説によりまとめてみました。

katy
32,755view
0

野口英世って?

著名な細菌学者の野口英世

小学生の向けの偉人伝等が多数発売されているため、偉人の代表と呼ばれるほど知名度の高い、日本の細菌学者です。

野口英世の母・シカ

出典:www.cao.go.jp

野口英世の母・シカ

また、野口英世博士だけでなく母親のシカさんも野口英世博士の過酷な幼少期の話と、学者になった野口英世博士との文通でのやりとりなどで、クローズアップされている人物です。

フリーメーソンってそもそも何?

フリーメイソン(英: Freemasonry)は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。
現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人に上り、うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下に、25万人は英連邦グランドロッジに[5]、200万人は米国のグランドロッジに所属している

出典:フリーメイソン - Wikipedia

フリーメイソンのシンボルマークのひとつ

フリーメイソンリーのシンボルマークの一つ。定規とコンパスは石工職人のギルドだったことの名残。 上向き三角形(コンパス)と下向き三角形(直角定規)の結合はダビデの星を形成し、男と女、陽と陰、天と地、精神と物質など世界の二元性の融和を表現している。

出典:フリーメイソン - Wikipedia

プロビデンスの目と言われるフリーメイソンのシンボルの一つ

フリーメイソンリーが用いるシンボルの一つ、プロビデンスの目。

出典:フリーメイソン - Wikipedia

またコチラのフリーメイソンのシンボルも多用されています

フリーメイソンには数多くの人物が関与している!?(イメージ図)

「フリーメーソンのメンバー」

・ウォルトディズニー
・カーネルサンダース
・ジョージワシントン
・エイブラハムリンカーン
・マシューCペリー
・モーツァルト
・ロイチャイルド
・野口英世
・新渡戸稲造
・福沢諭吉
・西周
・坂本龍馬
・孫正義
・鳩山由紀夫 ect..

出典:秘密結社フリーメーソン|俺の人生くらい俺のペースで歩かせろ!ぶわぁ--か!

上記以外にも歴代首相、大物人物の名も噂されているようです…

野口英世とフリーメーソンの関与が噂される1000円札の都市伝説とは?

野口英世が描かれた新千円札(イメージ図)

出典:bsoza.com

野口英世が描かれた新千円札(イメージ図)

これにまつわる都市伝説が野口英世=フリーメイソンに関与していると噂されているようです。

野口英世の顔をセパレートすると右顔の顔が…

千円札に描かれている肖像画「野口英世」。その顔を半分に折ってみてください。

すると…

日本人には見えにくい人相になっていることがおかわりでしょうか?
どちらかというと、ユダヤ系の顔をしているようにも見えます。

出典:こんな場所に潜むのか!?千円札に潜む3つのマーキング

裏から野口英世の顔を透かすと富士山の上部に目が合致

野口英世の顔の左側の目を透かしてみると裏の富士山の三角形の中心に来る、それがフリーメイソンのシンボルであるピラミッドの中心に目という構図と同じになる。

出典:都市伝説について

湖に映る逆富士はフリーメイソンの聖地「シナイ山」!?

富士山に写っているの方向を逆にしてください。
ひっくり返すとまったく違う山が写しだされているのがわかります。

よく見れば大きさも形も違うのがわかるのではないでしょうか??

果たしてこの山は…?

出典:こんな場所に潜むのか!?千円札に潜む3つのマーキング

湖に反射しているのは富士山ではなくユダヤの聖地[シナイ山]なのである

出典:秘密結社フリーメーソン|俺の人生くらい俺のペースで歩かせろ!ぶわぁ--か!

こちらがフリーメイソンの聖地「シナイ山」

出典:konotabi.com

こちらがフリーメイソンの聖地「シナイ山」

野口英世とフリーメイソンの関係は…あくまで都市伝説

紙幣に描かれている著名人は全員フリーメーソンのメンバーといわれている。

出典:秘密結社フリーメーソン|俺の人生くらい俺のペースで歩かせろ!ぶわぁ--か!

野口英世のフリーメイソンとの関与はあくまでも都市伝説

出典:www.cao.go.jp

野口英世のフリーメイソンとの関与はあくまでも都市伝説

本当に野口英世博士がフリーメイソンと関係しているのか…は定かではありませんが、日本人として偉業を成したことは確かです。
野口英世博士の活躍を後世にも伝えて生きたいですね。

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ