【熱いサッカー解説】ラモス瑠偉の名言まとめ【日本好き】

日本で最も有名なサッカー選手の一人であるラモス瑠偉。 彼はサッカーの実力だけでなく、名言や迷言(!?)を数多く残していることでも有名です。 そんな彼の名言をまとめました。

ラモス瑠偉

ラモス瑠偉のプロフィール

本名:Ruy Gonçalves Ramos Sobrinho
   ルイ(フイ)・ゴンサゥヴェス・
   ラモス(ハモス)・ソブリニョ
愛称:ラモス(Jリーグ入団当時はエンピツとも)
性別:男性
生年月日:1957年2月9日

Jリーグ黎明期に、日本サッカーの発展に貢献。
現在は、監督や評論家として活動しています。

CM出演での名言・迷言

0:30 永谷園「Jリーグカレー」 CM

永谷園「Jリーグカレー」 CM

「おかわり!」

丈の短い服を着たラモスがとても面白いです。

0:31 永谷園「Jリーグふりかけ」CM

永谷園「Jリーグふりかけ」CM

ラモスそっくりに変わっていく子供たちがかわいらしいですね。

0:16 永谷園「お茶漬け海苔」CM

永谷園「お茶漬け海苔」CM

「日本人ならお茶漬けやろ!」

あまりにも有名な名言(迷言!?)ですよね。

4:58 興和「バンテリン」CM

興和「バンテリン」CM

「相手に勝つにはぶつかっていこうよ! 気持ちよ!」
「こっちにはバンテリンがあるよ。これは有利です。」

どちらも日常生活で使いやすい名言ですね。
やっぱりラモスは熱い言葉が似合います。

0:16 KAGOME「カゴメトマトジュース」CM

KAGOME「カゴメトマトジュース」CM

「綺麗な、男になる」

現役時も、引退後も、彼は日本の侍です。

実況・解説の名言・迷言

気持ちが先行した、熱い実況

「気持ちを強く!」
「大和魂を見せろ!」
「あんなプレーでは相手にナメられる!」

明石家さんまからも「お前はサッカー熱が過ぎて精神論だけが先行しボロカス言っている」と評されている通り、熱い気持ちが先行した実況でした。

日本サッカーへの辛辣なコメント

「何ニヤニヤしてんだよ!WCは戦争だよ!」
「こんなサッカーじゃ●●●●してんのと同じだよ!」

テレビ放映されているのに、大丈夫なのか……といった言葉まで飛び出してハラハラしますが、日本サッカーが好きだからこそ、そういった言葉も飛び出すのかもしれませんね。
また、時を経るにつれて、表現もやわらかくなっていきました。

出演番組などでの名言

「日本を、日本サッカーをなめられることは、俺自身がナメられることと同じなんだ。そんなの許せないよ」

彼は、日本人としての誇りを強く抱いています。

「日本で戦争が起きたら俺は戦う。だって日本人なんだから。日本人になった期間は短いけど俺は日本人だよ」

彼ほど、日本人以上に日本人である人は、そうはいません。

「奥さんを両親の側にいさせてあげたい。だから、夢を捨てた」

「家族と離れる辛さは自分だけでいい」とも。

2011年に奥様が逝去されてからも、
「再婚なんてしない。同じ墓に入る。生まれ変わっても彼女と結婚する」
と言っています。

こんな風に、人を愛し、愛されることって素敵ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ