イチローの妻・福島弓子ってどんな人?

大人気プロ野球選手イチローの妻について調べてみました!お子さんはいるのでしょうか?

jiro
119,917view
0

イチローの妻は誰?

夫人は元TBSアナウンサーの福島弓子。代理人は長年トニー・アタナシオが務め、現在はジョン・ボッグス[2]。

出典:イチロー - Wikipedia

wikiに結婚している事が載っていました!

イチローの妻の福島弓子

出典:pbs.twimg.com

イチローの妻の福島弓子

こちらの人がイチローの妻ですね。

イチローの妻はどういう人なの?情報を集めてみた!

福島 弓子(ふくしま ゆみこ、1965年12月10日[1][2] - )は、日本の島根県松江市出身[1][2]の元アナウンサー、実業家。IYI Corporation.取締役CFO[3][4]。身長163cm、血液型O[1]。

出典:福島弓子 - Wikipedia

実業家なんですね!

基本的にIYI社は、日本での副業で得た収入を管理しています。節税のために、法人はネウ゛ァダ洲に登記されています。主に不動産への投資を行っていますが、弓子さんがシアトル郊外のベルビューで開業している『エンサロン』という美容サロンもIYI社が手がけています

出典:スクープ | 創価学会とは何か?

主にイチローのしさん管理をする会社のようです。

イチローと妻の出会ったころまとめ

アナウンサー時代の福島弓子

1995年の暮れから数回にわたってTBSラジオで放送された『イチローの気持ちはいつもフルスイング』[10]にて、福島はアシスタントを務めた。パーソナリティは当時オリックス・ブルーウェーブの選手だったイチローであり、この仕事がイチローとの交際のきっかけとなった[1

出典:福島弓子 - Wikipedia

オリックスブルーウェーブ時代のイチロー

出典:www.suruga-ya.jp

オリックスブルーウェーブ時代のイチロー

この時代にであったのですね。

以降、テレビでも対談したほか、TBSがインタビューを行うときは、イチローは必ず福島を指名するようになった。1997年の8月からは、取材する側とされる側の垣根を越えて個人的な交際が始まり[11]、1999年1月にイチローが福島にプロポーズした

出典:福島弓子 - Wikipedia

インタビュー時の福島弓子とイチロー

弓子夫人を結婚相手に選んだ理由って、

何だと思いますか?




イチロー選手は、こんなふうに言っています。


「一緒にいると、心地いい人だから」

出典:イチローが弓子夫人を結婚相手に選んだ理由とは?:...

イチローと福島弓子

出典:pbs.twimg.com

イチローと福島弓子

イチロー選手は毎朝奥さんのカレーを食べているそうです。

イチロー選手も弓子さんを評して



人が人を支えるとはこういうことなのだと奥さんから学んだし

そんな彼女の決断や覚悟が、僕にとっては一番大切なものになる



と語ってもいます

出典:イチローが認知した子供 弓子夫人との確執: イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!

イチローを支える福島弓子

出典:pbs.twimg.com

イチローを支える福島弓子

奥さんは縁の下の力持ちなのですね。

イチローと妻の間に子供はいない?

仲がよい福島弓子とイチロー

子供はいないのでしょうか?

結論から言うと

おそらく『子供は欲しかったけど出来なかった』

ただそれだけが、イチロー選手に子供のいない

本当の理由なのだと思います。

出典:イチローが認知した子供 弓子夫人との確執: イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!

子供と触れ合うイチロー

出典:mlbeat.com

子供と触れ合うイチロー

子供がとっても好きそうに見えますが・・・いないみたいですね。

事実、過去には『欲しかったけど出来なかった』的な発言を

イチロー選手自身もしているようですし

子供を持たない人生を選んだことには

夫婦であるイチロー選手と弓子さんだけにしかわからない

深い思いがあるのだと思います。

出典:イチローが認知した子供 弓子夫人との確執: イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!

イチローの観戦にきている福島弓子

子どもがいなくても仲の良い夫婦ですね。

そんなイチロー選手と弓子夫人

お二人の結婚生活は今年(2014年)で15周年を迎えます。



いつまでも仲の良い素敵な夫婦でいてほしいと思います。

愛犬、いや、愛息の一弓くんと共に。。。

出典:イチローが認知した子供 弓子夫人との確執: イチロー引退狂騒曲:いちぶろ!

イチローの愛犬一弓くん

かわいい!!

イチローと福島弓子と愛犬の一弓

素敵な3人家族♡
これからも仲良しでいてくださいね。

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ