鳥羽一郎の弟!?安岡力也と格闘!?演歌歌手・山川豊伝説

「函館本線」「アメリカ橋」で知られる演歌歌手の山川豊さん。そのお兄さんは意外にもあの鳥羽一郎さんとのこと!さらに山川豊さんはボクサーライセンスを持っていてあの安岡力也さんと格闘したとか!どういうことでしょうか?

marcato
11,074view
0

演歌歌手・山川豊さん

山川豊さん

山川豊さんは紅白歌合戦に11回の出場を誇る演歌歌手です。
代表曲には「函館本線」「アメリカ橋」などがあります。

山川豊 アメリカ橋 演歌百撰

長年頑張ってきた山川さんに再びスポットライトが当たったのが、
90年代後半にヒットした「アメリカ橋」です。
この曲こそ、私は山川さんの代表曲だと思っていて、逆にこの曲が仮になかったとしたら、山川さんは「懐メロ歌手」になっていたかもしれない。
やっぱり、ヒット曲がいかに大事かということを教えてくれます。
この2曲で山川さんは生き抜いてきたと言っても過言ではないでしょう。

出典:【あらやまの好きな演歌・歌謡歌手24】山川豊さん・・・「函館本線」に「アメリカ橋」、...

山川豊さんは鳥羽一郎さんの弟!?

漁師の家に生まれた山川豊さん

お父さんは漁師、お母さんは海女さんだったという山川豊さん。そのお兄さんというのが…。

山川豊さんの兄は鳥羽一郎さん!

山川豊さんのお兄さんというのが実はこちらも有名な演歌歌手・鳥羽一郎さんだったのです!

山川豊さんの新人時代~鳥羽一郎を魅了し、近藤雅彦と対決~

山川豊さんのデビュー曲「函館本線」

1981年に「函館本線」でデビューした山川豊さん。数々の新人賞を総なめにした楽曲です。

山川豊さんに触発された鳥羽一郎さん

山川豊さんの新人賞に大喜びし、警備員の制止を振り切って武道館に駆けつけたという鳥羽一郎さん。
これに触発されて鳥羽一郎さんは翌年「兄弟船」でデビューするのです。

函館本線 ♪ 山川豊 (1999)

山川豊さんと同時期にデビューした近藤真彦さん

そんな山川豊さんと同時期にデビューしていたのが近藤真彦さん。路線は違えど人気を争っていたようです。

山川豊さんはプロのボクサーにもなれる!?

山川豊さんはボクシングライセンスを持っていた!?

実はボクシングのC級トレーナーというライセンスを保持している山川豊さん。現在もトレーナーとして活動しているようです。

ボクシングのライセンスにはA級(8回戦以上の試合に出場できる)、B級(6回戦以上の試合に出場できる)、C級(4回戦以上の試合に出場できる)がありますが、ほとんどの人(新人ボクサー)はC級からの受験となります。(中略)
テストは、筆記と実技によって行われます。筆記は主に規則に関する平易な問題で構成されたペーパーテスト、実技は受験者同士による2Rのスパーリング(1Rは2分30秒・インターバル30秒)で行われ、ワンツーパンチを基本とする攻撃やガードを中心とする守備の技能が備わっているかを審査します。

出典:大橋ボクシングジム

山川豊さんはしずちゃん(山崎静代)のトレーナーも

ボクサーとしても有名な「南海キャンディーズ」のしずちゃん(山崎静代さん)。そのトレーナーの中には山川豊さんの名前もあります。

安岡力也さんとボクシングをした山川豊さん

山川豊さんの盟友・安岡力也さん

歌手でキックボクサーという、山川豊さんと似たような経歴を持っていたのが安岡力也さんでした。
そんな二人は番組で本気でボクシング対決したこともあるらしく…。

ボクシングではなく、キックルールに近い感じで戦ってましたよ。
つまり立ち技対決みたいな感じで。
コンセプトは「どっちが腕っ節(喧嘩)が強いか」といった感じです。
たしかに大きなグローブはつけてました。

出典:安岡力也と山川豊が本気でボクシングをした番組があったようですが、どのような試合展開だ...

安岡力也さんを見舞っていた山川豊さん

安岡力也さんは2012年にギラン・バレー症候群という病気で亡くなるのですが、生前山川豊さんは安岡力也さんを見舞ったり支援をしていたそうです。

歌手の山川豊(52)、田川寿美(35)、森川つくし(21)が25日、都内で合同公演を行った。
ギランバレー症候群と肝臓がんで闘病中のタレント仲間の安岡力也(64)を支援する一環。山川は「ゆっくり休んで復活できるように頑張って」とエール。昼夜2公演で約1100人が集まった。収益は全額、安岡へ送られる。

出典:闘病中の安岡力也に山川豊ら「頑張って」 — スポニチ Sponichi...

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ