【性格が原因?】恵俊彰は伊集院・太田など芸人に嫌われている!?

なぜか伊集院、太田と光とつく芸人から嫌われ、ひるおび!視聴者からも一部不評の恵俊彰。その原因は彼の性格にあった!!!???

shino
127,738view
0

恵俊彰について紹介

【お笑いタレント】恵俊彰

現在の活動は『ひるおび!』の司会を務めるニュースキャスターとなっています。

本名 恵 俊彰
生年月日 1964年12月21日(50歳)
出身地 日本 鹿児島県鹿児島市
血液型 O型
身長 170cm
方言 共通語
最終学歴 鹿児島県立甲南高等学校卒業
コンビ名 ホンジャマカ
相方 石塚英彦
芸風 コント(ツッコミ)
立ち位置 右
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1987年 -

出典:恵俊彰 - Wikipedia

誰しもひるおび!で一度は見たことがあるかもしれません。

芸人から嫌われている?

あまり好まれてはいない恵俊彰

何人もの人が実はあまり好ましく思っていないみたいで、嫌いだという意見もあるみたいです。

以前伊集院は「王様のブランチ」か何かで共演していた頃、自分が百も承知であるところのパソコン話を知ったかぶりの得意満面で延々語られたということを皮肉たっぷりに話していました。伊集院は何より門外漢がわかったようなことを語るのが嫌いなようなので、そういう恵の態度が鼻につくのではないでしょうか(パソコン以外でもその調子だったようですし)。当時共に共演者であったくりぃむしちゅーは伊集院に賛同していたようなので、他の芸人達も恵のそのような点が引っ掛かっているのかもしれませんね。

出典:恵俊彰はなぜ嫌われているの? - 楽天 みんなで解決!Q&A

知ったかぶりして得意げに話すところが嫌われているみたいですね。

あまり多くは知られていませんが、爆笑問題とホンジャマカは同期なんだそうです。
売れない不遇の時代を共に過ごしてきた良きライバルといった感じだったのでしょう。

しかしホンジャマカの方が先に「フレンドパーク」のエアーホッケーなどでブレイクしてしまい、その当時恵さんが天狗になってしまったことで、確執が生まれたようです。

どうやら恵さんよりも太田さんの苦手意識が強いんだとか。

太田さんは芸人仲間の結婚式に出席した際は「恵と席を別にしてくれてありがとう」とコメントしていたそうです。

出典:恵俊彰は性格が悪い!?家族にも嫌われてる??昔は相方並に太っていた??

太田光から苦手意識を持たれているようですね。

大変な芸能界

どうしても売れればそれにあまりいい態度をしない人もいることでしょう。
天狗になったりすれば人の心も離れていくようです。

実は家族にも……?

実は嫌がられている行為が……

家族に不評なある行為をしているために、嫌われているとはではいかないけれど、いい思いはしていない、そんな行為をずっとしているみたいです。

ちなみに恵俊彰は家では子供たちに頻繁にキスをするいわゆる”キス魔”であり子供たちから若干嫌がられているようだ。

出典:恵俊彰が結婚した嫁と子供?学歴と年収?実家とダイエット?不仲な人

実はかなり激しいキス魔。
それに子供にはするが妻にはしないという子供だけに愛情を注いでいるという噂もあります。

ひるおび!の司会についても様々な意見が……

一般視聴者からも一部不評

ひるおび!の司会としての地位を築いた恵俊彰ですが、一部の視聴者から不評のようです。

1人ハイテンションで人の話を全く聞こうとしていません。特に昼間の司会はひどすぎます。視聴者は解説を聞いているのに、めんどうなのか話を遮り、人に大声で文句を言う、司会をかえてほしいです。

出典:みなさん、恵俊彰さんの司会のやりかたについてどう思いますか。

司会のやり方にあまりいい思いを持ってはいないみたいです。

単なる娯楽のワイドショーの司会としては良いと思います。報道番組としての側面で言えば、偏り過ぎで最低な司会者。
良く言えば「明るくテンポ良く」 悪く言えば「自分勝手」。どちらに見えるかは視聴者次第。ただ、政治経済などには無理があると思います。知識なさすぎです。これも良くとれば「誰にでも解るように解説をしてもらう」、悪くとれば「単なる馬鹿」受け取り方は他人それぞれですよ。

出典:みなさん、恵俊彰さんの司会のやりかたについてどう思いますか。

報道番組の司会者としてはダメだという意見ですね。

一般視聴者が嫌う原因は知識のなさ

政治について語るということをしないところが好きではないという意見が多いみたいです。

これからもその性格を武器に活躍をしていく

現在もひるおび!の司会を務めている恵俊彰。
政治については無知なのか、それともわざとそうしているのか……。
どちらにせよ彼はこれからも司会をし続けることでしょう。

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ